餅にカビが生えているかどうかの見分け方はどうすればいいのか

餅はすぐに食べきることができなくて保存しておくことが多いですが

そうすると餅にカビが生えてきてしまいますよね。

そこで、餅にカビが生えてしまっているかどうか確認するためのカビの見分け方や

カビが生えている餅は食べても大丈夫なのか

餅がカビた時の対処法や餅がカビないようにする予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

餅のカビの見分け方は?

餅っていうのは、もち米やかたくり粉などを使っているのでデンプンが多くカビが発生しやすい食べ物です。

なので、保管しているといつの間にかカビが生えてきてしまっていることが多いです。

そこで、餅にカビが生えてしまっているかどうか確認するために餅のカビの見分け方はどうすればいいのかっていうと

色で見分ける
においで見分ける

ことです。

まずは、餅にカビの色がついているかどうかを確認します。

そして、カビの色がついていなくてもカビが発生してしまっていることがあるので、餅のにおいも嗅いで見分けていきます。

色で見分ける

餅のカビの見分け方で色で見分けるっていうのは、餅に

緑色
赤色
黒色
白色

などの色がついてしまっているとカビが生えています。

カビの種類によって色が違うのですが、餅に発生しやいカビの種類の色は

緑色のカビや赤色のカビや黒色のカビや白色のカビなどです。

緑や赤や黒などは、すぐに見てわかりやすいですが白色のカビは見分けるのが難しいですよね。

そこで、白色のカビの見分け方はまずは餅の表面に白い点々とした斑点がついています。

そして、餅を水で洗っても白い点々とした斑点がついていると白カビが生えてしまっています。

これが、餅にカビが生えているか色で確認する見分け方です。

においで見分ける

餅にカビが生えているか色で確認する見分け方については、わかってもらえたと思います。

しかし、先ほども書いたように白色のカビが生えてしまっている時は、見た目では見分けるのが難しいです。

そんな時は、次に餅のにおいを嗅いでカビが生えているかどうか見分けていきます。

餅にカビが生えているかにおいで確認する時の見分け方は、餅をお湯で洗ってからにおいを嗅ぎます

餅をそのまま嗅ぐと、冷蔵庫などで保管している時は他の食べ物のにおいなどが餅に移ってしまっていることが多いです。

なので、一度餅をお湯で洗ってからにおいを嗅いでください。

そして、餅のにおいを嗅いだ時に臭いカビ臭がした時は餅にカビが生え始めてきています。

これが、餅のカビの見分け方です。

餅にカビが生えてても食べれる?

餅にカビが生えているかの見分け方については、わかってもらえたと思います。

そして、餅にカビが生えている時に少しくらいのカビだったら、カビを取り除いて食べても大丈夫かな?って思いますよね。

しかし、カビが生えた餅は食べることができません

餅についているカビを払ったり切り落としたりして、見た目にはカビを取り除いても

カビの根っこなどが目には見えないカビが多く餅に残ってしまっています。

そして、餅を焼いてカビ菌を消滅させようとしても、カビ毒が残ってしまっています。

なので、カビを綺麗に取り除いたつもりでも目に見えないカビが残っている餅を食べてしまうと

下痢や腹痛などの食中毒を起こしてしまうことも多いですし

後は、アレルギー発症や発がん性の危険性もあるので、カビが生えてしまった餅は食べないでください。

スポンサーリンク

餅にカビが生えた時の対処法はコレ

カビが生えてしまった餅は、カビを取り除いても食べてはダメっていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、餅にカビが生えた時の対処法は

カビが生えた餅はすぐに処分する
同じ袋に入っていた餅も処分する

です。

まずは、先ほども書いたようにカビが生えてしまった餅は、見えるカビを取り除いても餅全体にカビが繁殖してしまっているのですぐに処分してください。

同じ袋に入っていた餅も処分する

同じ袋に入っていた餅も処分するっていうのは、カビが生えてしまった餅と一緒に同じ袋や容器に入れていた餅も処分するっていうことです。

カビが生えてしまった餅と一緒に袋や容器などに入っていた餅にもカビが発生してしまっている可能性が高いです。

保管状態は一緒なので、自然にカビが生えやすいですし

同じ袋や容器に入っているので、カビ菌が移ってしまっていたりします。

なので、見た目にはカビが生えていないように見えても既にカビが発生してしまっていることが多いので

安全のためにもカビが生えた餅と同じ袋や容器に入れていた餅は食べずに処分してください。

これが、餅にカビが生えた時の対処法です。

餅がカビない予防対策はコレ

餅にカビが生えた時の対処法については、わかってもらえたと思います。

そこで、餅がカビないようにするための予防対策は

空気に触れないように保管する
涼しい場所に保管する
湿度が低い場所に保管する

ことです。

一番良い予防対策は、封を切った餅はその場ですぐに食べてしまうことです。

しかし、大量に餅があったりしてしまうと、どうしても残ってしまったりして保管しなくてはいけません

なので、餅を保管するときは、上記で書いた3つのことをしっかりと守って餅にカビが生えないようにしっかりと予防対策をとって保管してください。

餅の正しい保存方法については、コチラの記事に冷凍や冷蔵や常温などそれぞれの保存方法が書いてあります。

餅を長持ちさせる保存方法はコレ!

まとめ

餅のカビの見分け方は?食べれる?対処法と予防対策はコレ!について書いていきました。

餅にカビが生えているかどうかの見分け方は

まずは、餅に緑色や赤色や黒色や白い斑点などがついているかどうか確認します。

これらの色がついている時はカビが生えてしまっています。

そして、においを嗅いで見分ける時は一度餅をお湯で洗ってからカビ臭いかどうかを確認してください。

カビが生えてしまった餅は、いくらカビの部分だけを切り落としたりしても目には見えないカビが多く残ってしまっています。

なので、カビが生えた餅は食べずにすぐに捨てて処分してください。

更に、同じ袋や容器に入っていた餅も見た目にはカビが生えていなくても既にカビが発生してしまっていることが多いので勿体ないですが捨てて処分してください。

餅にカビが生えないようにする予防対策は、餅を保存する時は密封にして涼しくて湿度が低い場所で保管するようにしてください。

鏡餅を食べるタイミングやカビさせない対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

鏡餅を食べるタイミングやカビ対策!

みかんを長持ちさせる保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

みかんを長持ちさせる保存の仕方はコレ!

美味しいみかんの見分け方やすっぱいみかんの対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

美味しいみかんかどうか見分けるコツ!

スポンサーリンク