靴下によく穴が開いてしまうのはなぜか

靴下のつま先や裏などに穴が開いてしまうことがありますよね。

靴下に穴が開いてしまうのは特に珍しいことではないけれど、よく頻繁に穴が開いてしまうと困ってしまいますよね。

そこで、靴下に穴が開く原因として注意してほしい8つのことと

靴下に開いた穴を簡単に直していく補修方法や穴を開けないようにする予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

靴下に穴が開く原因8つ

靴下に穴が開く原因は、靴下を履いている時に摩擦によって生地が薄くなってしまい穴が開いてしまいます。

なので、よく履く靴下や長い期間使っている靴下などは穴が開きやすいです。

しかし、まだそんなに履いていない靴下に穴がよく開く時は、注意しなければいけない原因があります。

そこで、靴下に穴が開く原因として注意してほしいことは

靴のサイズが合っていない
靴を履いて動くことが多い
歩き方が悪い
足の爪が伸びている
足の指の向きが少しおかしい
足に汗をよくかく
足の裏の皮が硬くなっている
靴下の素材が悪い

などの8つのことです。

靴のサイズが合っていない

靴下によく穴が開く原因で靴のサイズが合っていないっていうのは

靴が小さかったり大きかったりなどして足に合っていないサイズの靴を履いていることです。

靴のサイズが小さいと足の締め付けが強くなってしまい、それによって靴下が擦れて摩擦がひどくなってしまいます。

逆に靴のサイズが大きいと足が靴の中で前後左右に動いてしまい、それによって靴下が擦れて摩擦がひどくなってしまいます。

それによって、靴下の生地が薄くなり穴が開きやすくなってしまいます。

靴を履いて動くことが多い

靴下によく穴が開く原因で靴を履いて動くことが多いっていうのは

・歩くことが多い
・スポーツをすることが多い
・力仕事をすることが多い

などです。

靴を履いて歩くことが多いとそれだけ靴の中で靴下が摩擦してしまいますし

スポーツなど靴を履いてよく走ったり急に止まったりなどしていると靴の中で靴下の摩擦がひどくなってしまいますし

力仕事などをすることが多いと、足を踏ん張ることが多いのでそれだけ靴の中で靴下の摩擦がひどくなってしまいます。

それによって、靴下の生地が薄くなり穴が開きやすくなります。

歩き方が悪い

靴下によく穴が開く原因で歩き方が悪いっていうのは

前かがみの歩き方をしていたり、かかとを引きずるような歩き方をしていたりなどです。

前かがみの歩き方をしていると、つま先に重心が多くかかってしまい靴下のつま先に穴が開きやすくなります。

かがとを引きずるような歩き方をしていると、かかとに重心が多くかかってしまい靴下のかかと部分に穴が開きやすくなってしまいます。

足の爪が伸びている

靴下によく穴が開く原因で足の爪が伸びているっていうのは

・爪が長く伸びている
・爪が少し尖がっている
・爪が先が割れて凸凹している

などの状態になってしまっているっていうことです。

爪が長く伸びてしまっていると爪が多く靴下に当たってしまうので、靴下の生地が傷みやすくなって弱くなってしまいつま先が穴が開きやすくなってしまいます。

爪が長く無くても少し尖っていたり、爪が少し割れたりして凸凹していると同じようにつま先が穴が開きやすくなってしまいます。

足の指の向きが少しおかしい

靴下によく穴が開く原因で足の指の向きが少しおかしいっていうのは

・外反母趾
・浮き足

などによって

足の指が少し外を向いていたり、上を向いてしまっていたりしていることです。

足の指が少し外を向いていたり、上を向いているとその部分の摩擦が大きくなってしまって靴下に穴が開きやすくなります。

足に汗をよくかく

靴下によく穴が開く原因で足に汗をよくかくっていうのは

足に汗をよくかくことによって、靴下が湿ってしまい

・生地が傷んでしまう
・雑菌が多く発生してしまう

からです。

靴下は湿って濡れている状態の時っていうのは、生地が傷みやすくなってしまいますし

靴下に雑菌が多く発生してしまっている時も生地が傷みやすくなってしまいます。

この生地が傷みやすくなってしまっている状態に時に摩擦が起こってしまうと靴下に穴が開きやすくなってしまいます。

足の裏の皮が硬くなっている

靴下によく穴が開く原因で足の裏の皮が硬くなっているっていうのは

足の裏の皮が乾燥してひび割れなどを起こしてザラザラしてしまっているっていうことです。

足の裏の皮が硬くなりザラザラしているとそれだけ靴下の摩擦がひどくなってしまいます。

それによって、靴下によく穴が開いてしまいます。

靴下の素材が悪い

靴下によく穴が開く原因で靴下の素材が悪いっていうのは

・生地が薄い靴下
・天然素材の靴下

などです。

靴下の生地が薄いとどうしても穴が開きやすくなってしまいますし

天然素材のコットンやウールやシルクなどの素材の靴下は生地が柔らかいので摩擦に弱くて穴が開きやすくなってしまいます。

これらが、靴下に穴が開く原因に多い8つのことです。

スポンサーリンク

靴下の穴の簡単な補修方法

靴下によく穴が開く時に注意してほしい原因については、わかってもらえたと思います。

靴下に穴が開いてしまった時っていうのは、捨てて処分することが多いですが

実は、簡単な靴下の穴の補修方法があります。

そこで、靴下の穴の簡単な補修方法は

糸で縫う
補修シールを貼る

の2つです。

糸で穴を縫う縫い方

靴下に開いた穴を糸で縫うやり方は、比較的小さい穴やつま先などの穴の補修におすすめの方法です。

糸で穴を縫う縫い方は

靴下の色に近い糸を準備する

靴下を裏返す

靴下の編地と同じ縦の方向に縫っていく

縫い終ったら玉結びする

です。

まずは、靴下の色になるべく近い色の糸を準備します。

そして、靴下の穴を縫う時は靴下の裏面を縫っていくので靴下を裏返してください。

そして、ほとんどの靴下の編地は縦方向なので、編地と同じ縦方法に縫っていってください。

この時に糸を引っ張り過ぎてしまうと靴下が縮んでしまうので、糸を引っ張り過ぎないようにして縫っていってください。

最後は、玉結びをして終わりですが

玉結びの出っ張りが気になる場合は、玉結びせずに返し縫いをしてください。

これが、靴下の穴を補修する糸の縫い方です。

補修シールを貼るやり方

靴下に開いた穴に補修シールを貼るやり方は、縫わなくてもいいとても簡単な補修方法です。

靴下の穴に補修シールを貼るやり方は

靴下の色と近い色の補修シールを準備する

穴よりも少し大きめに補修シールをカットする

靴下を裏返しにする

補修シールを当ててアイロンを当てる

です。

補修シールは100均などにも売っています。

補修シールは靴下の裏面に貼り付けていくので、靴下を裏返してください。

そして、穴が開いている部分に補修シールを当てて20秒ほどアイロンを当てていきます。

熱を当てることによって補修シールがくっついてくれます。

補修シールをただ当ててアイロンを当てるだけなので、誰にでも簡単にできる靴下の穴の補修方法です。

ただし、接着面が高温になるので火傷しないように注意して貼り付けてください。

これらが、靴下の穴を簡単に補修していく方法です。

靴下に穴を開けない簡単な予防対策

靴下の穴の簡単な補修方法については、わかってもらえたと思います。

そして、靴下に穴を開けないようにしていくには、できるだけ靴下に摩擦が起きないようにして生地を傷めないようにしていくことです。

そこで、靴下に穴を開けない簡単な予防対策は

足に合った靴を履く
足の爪を丸く短く切る
正しい歩き方をする
靴下が蒸れないようにする
足の裏の皮を柔らかくする
穴の開きにくい素材の靴下を履く

などです。

足に合った靴を履く

靴下に穴を開けない簡単な予防対策で足に合った靴を履くっていうのは

足に合ったサイズの靴を履いていくっていうことです。

足に合ったサイズの靴を履くことで、靴の圧迫による摩擦や靴の中で足が動いて起こる摩擦を予防していくことができます。

足の爪を短く切る

靴下に穴を開けない簡単な予防対策で足の爪を短く切るっていうのは

できるだけ足の爪の先が靴下に当たらないようにしていきます。

手の爪はこまめに切っているけど、足の爪はたまにしか切らないっていう人も多いと思うので

足の爪も手の爪と同様にこまめに切って短くしておいてください。

そして、爪を切った直後っていうのは爪が凸凹していたりするので爪切りについているやすりなどで軽く擦って丸く滑らかにしておいてください。

正しい歩き方をする

靴下に穴を開けない簡単な予防対策で正しい歩き方をするっていうのは

足の裏をしっかりと上げて靴を引きずらないようにして歩き

地面に靴の裏がつく時は、かかとからついてつま先をしっかりと体重を移動させて歩いてください。

靴下が蒸れないようにする

靴下に穴を開けない簡単な予防対策で靴下が蒸れないようにするっていうのは

・靴をたまに脱ぐ
・メッシュの中敷きを入れる

などです。

靴を長時間ずっと履いているとどうしても足に汗をかいて靴下が蒸れてしまいます。

なので、たまに靴を脱いで靴下が蒸れないようにしたり

吸水性のあるメッシュの中敷きを入れて汗や湿気を吸収するようにしてください。

靴下が蒸れている状態が長いとどうしても靴下の生地が傷みやすくなってしまいますからね。

靴の中が蒸れないようにしていく対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

靴の中が蒸れない予防対策!

足の裏の皮を柔らかくする

靴下に穴を開けない簡単な予防対策で足の裏の皮を柔らかくするっていうのは

・保湿クリームを塗る
・お風呂に入って足の裏をマッサージする

などです。

足の裏の皮が硬くなってザラザラしてしまう原因は、足の裏の乾燥がひどいからです。

なので、こまめに保湿クリームを足の裏に塗っていったり

お風呂に入っている時に足の裏をマッサージしてほぐしたりしていってください。

足の裏の皮が柔らかくなると摩擦が減り靴下に穴が開きにくくなります。

穴の開きにくい素材の靴下を履く

靴下に穴を開けない簡単な予防対策で穴の開きにくい素材の靴下を履くっていうのは

・ナイロン素材の靴下
・ポリエステル素材の靴下

などの化学繊維の素材の靴下を履くことです。

化学繊維の素材の靴下は、天然素材の靴下よりも摩擦に強いので生地が傷みにくく穴が開きにくいです。

これらが、靴下に穴を開けない簡単な予防対策です。

靴下のゴムが伸びてゆるくなったのを簡単に直す方法やゴムが伸びないようにする洗い方や干し方などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴下のゴムが伸びてゆるいのを直す方法と予防対策!

まとめ

靴下に穴が開く原因8つ!簡単な補修方法!開けない予防対策!について書いていきました。

靴下に穴が開いてしまう原因は、靴を履いている時に摩擦によって生地が傷んでしまい弱くなってしまうからです。

穴の開いてしまった靴下は、穴がそれほど大きくない時は

・糸で縫う
・補修シールを貼る

などの簡単な補修方法で直していくことができます。

そして、靴下に穴を開けない簡単な予防対策として

・足に合った靴を履く
・足の爪を丸く短く切る
・正しい歩き方をする
・靴下が蒸れないようにする
・足の裏の皮を柔らかくする
・穴の開きにくい素材の靴下を履く

などのことを心がけていってください。

靴下を履いて寝る時に注意してほしいことと、寝る時に履くおすすめの靴下の種類や履き方などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴下を履いて寝るメリットとデメリット!

靴下に毛玉がつかないようにする洗濯の仕方や生地の素材などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴下の毛玉を防ぐ洗い方と生地の素材!

足が臭くなりやすい原因と簡単な臭い取り対策と臭くさせない対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

足が臭くなる原因と臭い取りと防ぐ方法!

スポンサーリンク