乾電池が液漏れしてしまっていることがありますよね。

機器に入れている使用中の乾電池だけじゃなくて、保管している乾電池も液漏れしてしまっていることがあります。

そこで、いったいどうして乾電池が液漏れしてしまうのか

乾電池が液漏れしてしまった時の正しい対処法や

使用している乾電池が液漏れしてしまった時の機器の正しい掃除の仕方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

乾電池が液漏れする原因はコレ

乾電池から何か液がこぼれ出していたり、青白い粉がついてしまっていることがありますよね。

それは、乾電池が液漏れしてしまっている状態です。

乾電池の液漏れは、乾電池に含まれている電解液が乾電池の中から出てきてしまっています。

乾電池の液漏れは

・使用中の乾電池
・保管している乾電池

のどちらの場合でも起こってしまいます。

そこで、乾電池が液漏れしてしまう原因について書いていきます。

使用中に液漏れが起こる原因

機器などに乾電池を入れている使用中に液漏れが起こってしまう原因は

乾電池の過放電
乾電池の過負荷

この2つです。

乾電池の過放電

使用中の乾電池が液漏れを起こしてしまう原因の乾電池の過放電っていうのは、乾電池を入れたまま長期間放置していることです。

乾電池を入れた状態で放置していると、中の乾電池は使っていなくても自然放電をしています。

その状態が長期間続いてしまうと過放電を起こしてしまいます。

更に、おもちゃなどに使っている時に電源が入っている状態だと自然放電の量も多くなってしまい液漏れを起こしてしまう期間が早くなってしまいます。

乾電池の過負荷

使用中の乾電池が液漏れを起こしてしまう原因の乾電池の過負荷っていうのは

乾電池のプラス極とマイナス極を逆に入れている
接続部分の故障

などによって起こってしまいます。

乾電池を1個しか使わない場合は、プラス極とマイナス極を逆に入れてしまうと動かないですが

乾電池を複数個入れて使う場合は、1個の乾電池を逆に入れても動くことがあります。

そうなってしまうと、プラス極とマイナス極を逆に入れてしまった乾電池に大きな負荷がかかってしまい液漏れを起こしてしまいます。

そして、乾電池を入れている機器のプラス極とマイナス極の接続部分が故障していてしまったりしていると

電流が上手く流れなくなってしまい乾電池に大きな負荷がかかってしまい過負荷になって液漏れを起こしてしまいます。

これらが、使用中の乾電池が液漏れを起こしてしまう原因として多いです。

保管中に液漏れが起こる原因

保管している乾電池が液漏れを起こしてしまう原因としては

使用推奨期限を過ぎている
高温多湿の場所で保管している
電池同士がくっついている
落としたりして凹んでいる

などです。

使用推奨期限が過ぎている

保管中の乾電池が液漏れを起こしてしまう原因で使用推奨期限が過ぎているっていうのは

乾電池には、全て安全に使用することができる推奨期限が記載されています。

その使用推奨期限が過ぎてしまっていて乾電池が劣化してしまっていると液漏れを起こしてしまうことがあります。

高温多湿の場所で保管している

保管中の乾電池が液漏れを起こしてしまう原因で高温多湿の場所で保管しているっていうのは

乾電池は、涼しくて湿気が溜まりにくい場所で保管しなくてはいけません

それが、直射日光が当たる場所や湿度が高い場所でずっと保管してしまっていると乾電池の劣化が早くなってしまい液漏れを起こしてしまうことがあります。

乾電池同士がくっついている

保管中の乾電池が液漏れを起こしてしまう原因で電池同士がくっついているっていうのは

封を切った乾電池をそのまま保管していて、乾電池のプラス極とマイナス極がくっついてしまっている状態です。

それによって自然放電が強くなってしまって液漏れを起こしてしまうことがあります。

落としたりして凹んでいる

保管している乾電池が液漏れを起こしてしまう原因で落としてして凹んでいるっていうのは

乾電池が凹んでしまっていることによって、形が変化してしまい圧力によって中の電解液が漏れてしまうことがあります。

これらが、保管中の乾電池が液漏れしてしまう原因として多いです。

スポンサーリンク

乾電池が液漏れした時の対処法はコレ

乾電池が液漏れしてしまう様々な原因については、わかってもらえたと思います。

そこで、乾電池が液漏れした時の対処法は

・すぐに捨てて処分する
・素手で絶対に触らない

です。

すぐに捨てて処分する

液漏れしてしまっている乾電池は、いくら未使用の乾電池でももう使用することができません

なので、すぐに捨てて処分してください。

液漏れしてしまっている乾電池をそのまま放置してしまっていると更に液漏れの状態が酷くなっていってしまいます。

液漏れした乾電池の処分の仕方

液漏れした乾電池の処分の仕方は、乾電池の表面についている液漏れをティッシュペーパーなどで綺麗に拭き取ってから

乾電池をビニールテープなどでグルグル巻きにして、液がこぼれない状態にしてから

それぞれの自治体などで指定されている捨て方で処分してください。

素手で絶対に触らない

素手で絶対に触らないっていうのは、乾電池の液漏れは先ほども書きましたが乾電池の中に含まれている電解液です。

電解液は、アルカリ乾電池もマンガン乾電池も劇物指定されている危険な物です。

間違って、触れてしまうと皮膚を溶かしてしまったりしてしまうことがあります。

なので、絶対に素手で触らないようにして、ゴム手袋などをつけて触ってください。

そして、目や口などにも入らないように、ゴーグルやマスクもしっかりとつけて乾電池を取り出したり拭いたりしてください。

これが、乾電池が液漏れした時の対処法です。

乾電池が液漏れした時の掃除の仕方はコレ

液漏れした乾電池の対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、使用中の乾電池が液漏れしてしまった場合は、使用している機器の掃除もしっかりとしなくてはいけません

液漏れしてしまった乾電池は捨てて処分しなくてはいけませんが、使っている機器などは綺麗に掃除をすればまた普通に使っていくことができます。

そこで、乾電池が液漏れした時の掃除の仕方は

ゴム手袋とゴーグルとマスクをつける

液漏れした乾電池を取り出す

乾電池をティッシュなどで綺麗に拭く

硬く絞った濡れ雑巾で乾電池が入っていた場所を拭き取る

乾いた雑巾で乾拭きする

しっかりと乾燥するまで待つ

新しい乾電池をセットする

です。

まずは、漏れてしまった電解液が付着しないようにしっかりとゴム手袋とマスクとゴーグルをつけてください。

乾電池を取り出して取り出した乾電池を綺麗に拭いて処分します。

それから、液漏れや青白くなっている粉などを綺麗に拭き取っていかなくてはいけないので

硬く絞った濡れタオルで乾電池が入っていた場所をしっかりと汚れが綺麗に落ちるまで拭いてください。

汚れを綺麗に拭き取った後は、乾いた雑巾で乾拭きしてしっかりと乾くまでそのまま放置しておいてから

新しい乾電池をセットしてください。

これが、乾電池が液漏れした時の安全で正しい掃除の仕方です。

掃除する時の注意点

乾電池の液漏れを掃除していく時に、アルコールや酢などは使わないでください。

アルコールや酢などをつけて掃除すると、液漏れを綺麗に拭き取っていくことができたりしますが

アルコールや酢などは、機器側のバネや接触板などに悪影響を与えてしまうことがあります。

なので、アルコールや酢などは使わずに、水で濡らして硬く絞った濡れタオルで根気よく丁寧に拭き取っていってください。

液漏れを綺麗に拭き取ることができても、機器が故障してしまうと意味がないですからね。

乾電池を長持ちさせる使い方や保管の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

乾電池を長持ちさせる使い方や保管のコツ!

まとめ

乾電池が液漏れする原因と対処法と掃除の仕方はコレ!について書いていきました。

乾電池の液漏れは、中に含まれている電解液です。

使用中の乾電池が液漏れしてしまう原因は、乾電池の過放電や過負荷によってです。

保管中の乾電池が液漏れしてしまう原因は、使用推奨期限が過ぎてしまっていたり、保管場所が悪かったり、乾電池を凹ませてしまったりなどです。

液漏れしてしまった乾電池の対処法は、絶対に素手では触らずにすぐに捨てて処分してください。

そして、乾電池が液漏れしてしまっても使用している機器などは普通に使えるので

硬く絞った濡れタオルで液漏れを綺麗に拭き取ってしっかりと乾かしてから新しい乾電池をセットしてください。

アルカリ乾電池とマンガン乾電池の違いや正しい使い分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

アルカリ乾電池とマンガン乾電池の違いと使い分け方!

使えなくなってしまった乾電池を一時的に使えるように復活させる方法については、コチラの記事に書いてあります。

使わなくなった乾電池の一時的な復活方法!

電球が切れやすい時に注意してほしい原因や長く使うコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

電球が切れやすくなってしまう原因と対処法!

スポンサーリンク