空気清浄機の寿命は何年くらいなのか

最近、空気清浄機をつけていても臭いが気になったり

音がうるさいと感じている時は、空気清浄機の寿命かもしれません

そこで、空気清浄機の寿命年数や寿命が近くなると出やすくなる空気清浄機の症状や

空気清浄機の寿命を伸ばして長持ちさせる方法などについて書いていきます。

空気清浄機は普通に使っていても必ず寿命が来てしまい空気を綺麗にすることができなくなってしまいますからね。

スポンサーリンク

空気清浄機の寿命年数は?

空気清浄機の寿命年数は、実は法律で定められている基準があって耐用年数は約6年です。

ただし、この空気清浄機の耐用年数っていうのは、減価償却などの観点なども含まれているので

空気清浄機の耐用年数=空気清浄機の寿命年数

とは、少し違ってきます。

空気清浄機の耐用年数は約6年ですが、実際はきちんと正しく空気清浄機を使っている場合は

使用頻度や使用時間などによっても違ってきますが、空気清浄機の寿命はだいたい10年くらいだと言われています。

なので、空気清浄機の寿命年数は約10年近くです。

空気清浄機の寿命が近いこんな症状は注意

空気清浄機の需要年数は、約10年近くあるっていうのはわかってもらえたと思います。

そして、空気清浄機の寿命が近くなってくると出やすい起こりやすい症状があります。

そこで、空気清浄機の寿命が近いと出やすい注意してほしいこんな症状は

稼働中の音がうるさい
空気の吸い込みが悪くなる
異臭がする
臭いが取れない
電源を入れても動かない時がある

などです。

このような症状が出やすくなってきている時は、空気清浄機の寿命が近いので注意してください。

稼働中の音がうるさい

空気清浄機の寿命が近いと出やすくなる症状で、稼働中の音がうるさいっていうのは

空気清浄機が稼働している時に音が今までよりも大きくなりうるさくなったり

空気清浄機の振動が大きくなりうるさくなったり

など、稼働中の音がうるさくなるっていうことです。

空気の吸い込みが悪くなる

空気清浄機の寿命が近いと出やすくなる症状で、空気の吸い込みが悪くなるっていうのは

空気清浄機は部屋の空気を吸い込んで、綺麗な空気に換えていってくれています。

なので、空気の吸い込みが悪くなってしまうと空気清浄機の意味が無くなってしまいます。

空気の吸い込みが悪くなってしまう原因には、フィルターの汚れや寿命やファンの劣化などが多いです。

異臭がする

空気清浄機の寿命が近いと出やすくなる症状で、異臭がするっていうのは

空気清浄機から出る空気が臭かったりなど異臭がするっていうことです。

空気清浄機から出る空気は、しっかりと清浄されているのでほとんど無臭です。

しかし、異臭がするっていうことは、それだけ空気清浄機が壊れていて正常に機能しなくなっています。

臭いが取れない

空気清浄機の寿命が近いと出やすい症状で、臭いが取れないっていうのは

空気清浄機を使っている部屋の空気の臭いが取れないっていうことです。

空気清浄機を使っているのに、部屋の臭いが取れないっていうことは、空気清浄機が壊れてきていたり劣化したりしていて

先ほど書いたように空気の吸い込みが悪くなっていたり

空気を清浄する機能が悪くなってしまったりしています。

電源を入れても動かない時がある

空気清浄機の寿命が近いと出やすい症状で、電源を入れても動かない時があるっていうのは

空気清浄機の中の部品が壊れていたり接触が悪くなってきていたりしています。

空気清浄機のフィルターが汚れていたりしても電源は普通に入りますからね。

なので、電源を入れても空気清浄機が動かない時がある時は寿命が近くなっています。

こんな症状が空気清浄機を使っていて出やすくなっている時は、空気清浄機の寿命が近くなっているので注意してください。

スポンサーリンク

空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法

空気清浄機の寿命が近いと出やすい症状については、わかってもらえたと思います。

そこで、空気清浄機の寿命を少しでも伸ばして長持ちさせる方法としては

掃除をこまめにする
パーツを交換する
使用する部屋の掃除をする
容量の合った使い方をする

などです。

掃除をこまめにする

空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法で、掃除をこまめにするっていうのは

空気清浄機の掃除としては

・空気清浄機本体の掃除
・集塵フィルター
・脱臭フィルター

などです。

まずは、空気清浄機本体の外側や中の汚れを綺麗に拭き取っていくこと

そして、空気清浄機には、集塵フィルターと脱臭フィルターの2つのフィルターがあります。

この両方のフィルターを定期的にしっかりと掃除して、ホコリなどがずっと付着したままの状態にならないように綺麗に掃除してください。

この3つをしっかりと普段からこまめに掃除をすることで、空気清浄機の寿命を長持ちさせていくことができます。

空気清浄機のおすすめの掃除方法や簡単なお手入れのやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

空気清浄機の掃除方法とお手入れのやり方!

フィルターを交換する

空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法で、フィルターを交換するっていうのは

フィルターなど掃除をしても汚れが落ちない場合とかは、新しいフィルターなどに交換してください。

フィルターの種類によって使用期間などが2~3年など短いものもあります。

なので、フィルターの汚れが落ちなかったり使用期間が過ぎたりした時は、新しいフィルターに交換してください。

使用する部屋の掃除をする

空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法で、使用する部屋の掃除をするっていうのは

空気清浄機を使用する部屋が汚れていたりすると、それだけ空気中にホコリや汚れなどが多く溜まってしまい

空気清浄機がフル稼働でずっと稼働しなくてはいけないので負担が大きくなってしまいます。

なので、空気清浄機本体の掃除だけじゃなくて、使用する部屋もこまめに掃除して

できるだけ部屋や空気が綺麗な状態で空気清浄機を使うようにしてください。

容量の合った使い方をする

空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法で、容量の合った使い方をするっていうのは

空気清浄機にはそれぞれの種類によって、使用できる部屋の大きさや広さなどが決まっています。

なので、空気清浄機を使う場合は、必ず使用する空気清浄機の容量に合った大きさや広さの部屋で使用してください。

これらが、空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法です。

空気清浄機の効果を高める置き場所や使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

空気清浄機の効果を高めるおすすめの使い方!

まとめ

空気清浄機の寿命年数は?こんな症状は注意!長持ちさせる方法!について書いていきました。

空気清浄機は、法律で耐用年数が約6年と定められています。

しかし、正常に空気清浄機を使っていれば空気清浄機の寿命年数は約10年ほど使うことができます。

そして、空気清浄機を使っていて

・稼働中の音がうるさい
・空気の吸い込みが悪くなる
・異臭がする
・臭いが取れない
・電源を入れても動かない時がある

こんな症状が出やすくなった時は、空気清浄機の寿命が近くなってきているので注意してください。

空気清浄機の寿命を長持ちさせる方法としては

・掃除をこまめにする
・パーツを交換する
・使用する部屋の掃除をする
・容量の合った使い方をする

などのことに気をつけながら空気清浄機を使用していってください。

空気清浄機の種類とそれぞれのメリットやデメリットなどについては、コチラの記事に書いてあります。

空気清浄機の種類のメリットとデメリット!

空気清浄機を使うことで実際に実感できる効果などについては、コチラの記事に書いてあります。

空気清浄機を使って実際に実感できる効果は何か!

加湿器の効果を高める置き場所や使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器の効果を高めるおすすめの使い方!

部屋の空気を綺麗な状態に保っていくおすすめの方法や空気を汚さない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

部屋の空気を綺麗にする簡単な対策方法!

スポンサーリンク