空気清浄機の簡単な掃除の仕方は、どうすればいいのか

空気清浄機の掃除は、どれくらいの頻度で掃除していくのがいいのか

部屋の空気を綺麗にするために使っている空気清浄機は、掃除をしないと効果が悪くなり空気を綺麗にしていくことができなくなってしまいます。

そこで、空気清浄機の簡単ですぐにできる掃除の仕方や掃除の頻度などについて書いていきます。

スポンサーリンク

空気清浄機の簡単な掃除の仕方はコレ

空気清浄機を使っているけど、あまり掃除をしたことがないっていう人が多いです。

いつも空気清浄機を使っているけど、そんなに汚れが目立たないから汚れていないって思ってしまいますよね

しかし、空気清浄機は使っていると空気中に含まれている花粉やホコリやハウスダストやウイルスなど

目には見えにくい小さい粉塵などが大量についてしまっていて、とても汚れています。

なので、空気清浄機を掃除しないで使っていると、その溜まってしまっている汚れによって効果が悪くなってしまうので注意しなくてはいけません

そこで、空気清浄機の簡単な掃除の仕方は

本体の外側
中のフィルター

この2カ所をしっかりと綺麗に掃除していきます。

本体の外側の掃除のやり方

空気清浄機の本体の外側の掃除のやり方は、硬く絞った濡れタオルで綺麗に拭いていきます。

まずは、硬く絞った濡れタオルで本体に付着している汚れや粉塵を綺麗に拭き取っていきます。

それから、凹みがある部分など、濡れタオルでは綺麗に拭き取れない場所は、綿棒などを使って綺麗に汚れや粉塵を取り除いていってください。

フィルターの掃除のやり方

空気清浄機の中には

・集塵フィルター
・脱臭フィルター

の2つのフィルターが入っています。

この2つのフィルターには、空気中に含まれている花粉やホコリやハウスダストやウイルスなどが多く付着しています。

空気清浄機の中のフィルターの掃除のやり方は

空気清浄機からフィルターを取り外す

掃除機でフィルターに付着している粉塵などを吸い取る

水洗いOKの場合は、水洗いする

フィルターをしっかりと乾かす

です。

まずは、空気清浄機のパネルを外して、中にあるフィルターを取っていきます。

フィルターには、小さい粉塵や汚れなどが大量についているので、掃除機を使って綺麗に粉塵や汚れなどを吸い取っていきます。

水洗いできないフィルターの掃除はこれだけですが、水洗いできるタイプのフィルターは、この後にしっかりと水洗いをしていきます。

フィルターの水洗いのやり方

フィルターの水洗いのやり方は

バケツにぬるま湯を溜める

中性洗剤を入れる

歯ブラシを使って汚れを落とす

1~2時間つけ置きする

水で綺麗に洗い流す

です。

まずは、フィルターがしっかりと入るバケツに38℃ほどのぬるま湯を溜めます。

大きなバケツが無い場合は、洗面所などにぬるま湯を溜めてください。

それから、中性洗剤を入れてよくかき混ぜてから、フィルターを中に入れて歯ブラシなどで汚れを落としていきます。

そして、一度ぬるま湯を捨てた後に、また新しいぬるま湯を溜めて中性洗剤を入れて1~2時間ほど、そのままつけ置きしておきます。

最後に、しっかりと水で綺麗に洗い流してから、しっかりとフィルターが乾くまで乾かしてください。

フィルターがしっかりと乾いていない状態で、空気清浄機に取り付けてしまうとカビなどが発生する原因になってしまので注意してください。

これが、空気清浄機の簡単な掃除の仕方です。

スポンサーリンク

加湿機能付きの空気清浄機の掃除の仕方

空気清浄機の簡単な掃除の仕方については、わかってもらえたと思います。

そして、空気清浄機には加湿機能がついている空気清浄機もあります。

そこで、加湿機能付きの空気清浄機の簡単な掃除の仕方は

本体の外側
中のフィルター
中のタンク

の3カ所を掃除していきます。

加湿機能付きの空気清浄機は、中に水を入れるタンクがついています。

なので、水を入れるタンクも綺麗に掃除をしていってください。

加湿機能付きの空気清浄機を掃除するやり方は、上記で書いたやり方と基本的には同じで

フィルターやタンクは、つけ置きなどして洗っていきます。

ただし、このつけ置きをする時に、クエン酸を使っていきます。

先ほど書いた中性洗剤でもいいのですが、水垢などはクエン酸の方がより綺麗に水垢などを落として洗い流していくことができるので、おすすめです。

クエン酸を使った掃除のやり方は、コチラの加湿器の掃除のやり方の記事に詳しく書いてあります。

加湿器を綺麗に掃除する方法はコレ!

空気清浄機を掃除する頻度はコレ

空気清浄機を掃除する頻度は、一番良いのは2週間に1回のペースで掃除していくことです。

空気清浄機は、常につけっぱなしで使っていくのが一番良い使い方です。

つけっぱなしで使うっていうことは、それだけフィルターなどに粉塵や汚れなどが多く付着してしまいます。

なので、2週間に1回のペースで掃除していくのがいいです。

しかし、2週間に1回のペースで掃除していくのは、大変で難しい場合は、最低でも月に1回のペースで掃除をしていってください。

空気清浄機を掃除しないと起こる注意すること

空気清浄機を掃除しないで使っていると起こってしまう注意してほしいことは

・効果が弱くなる
・悪臭がする
・電気代が高くなる

などのことです。

効果が弱くなる

空気清浄機の効果が弱くなるっていうのは、掃除をしないことでフィルターに粉塵や汚れなどが多く溜まってフィルターが詰まってしまいます。

フィルターが詰まってしまうと、うまく空気中の花粉やホコリやハウスダストやウイルスなどを取り除いていくことができなくなってしまいます。

そうなってしまうと、空気を綺麗にしていく効果が弱くなってしまいます。

悪臭がする

空気清浄機が悪臭がするっていうのは、フィルターについている汚れの臭いが空気に混じって出てしまいますし

加湿機能付きの空気清浄機の場合は、カビなどが空気清浄機内に発生してしまって、カビの臭いも空気に混じって出てしまいます。

電気代が高くなる

空気清浄機の電気代が高くなるっていうのは、フィルターが汚れて詰まっていることによって

空気をうまく吸い込むことができなくて、よりしっかりと吸い込もうとしてフル稼働してしまいますし

ずっと空気が汚れてしまっていると空気清浄機が誤解してしまいずっとフル稼働の状態になってしまいます。

それによって、綺麗な状態で使っている時よりもフル稼働の時間が長くなってしまい電気代も高くなってしまいます。

これらのことが、空気清浄機を掃除しないで汚れた状態で使っていると起こりやすくなってしまうので注意してください。

空気清浄機を使う時に効果を高める置き場所や使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

空気清浄機の効果的な置き場所と使い方!

まとめ

空気清浄機の簡単な掃除の仕方はコレ!頻度と注意すること!について書いていきました。

空気清浄機の簡単な掃除の仕方は

本体の外側を濡れタオルで拭く
中のフィルターの汚れを落とす

加湿機能付きの空気清浄機の場合は、中のタンクも水洗いする

などです。

空気清浄機は、つけっぱなしで使うことによってより効果が高くなります。

なので、空気清浄機の掃除の頻度は、2週間に1回、もしくは月に1回のペースで掃除をしていくようにしてください。

空気清浄機を掃除して綺麗な状態で使うことで、効果も良くなり空気も綺麗になるのでこまめに掃除をしていくようにしてください。

部屋の空気を綺麗にしていくのにおすすめの方法や対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

部屋の空気を綺麗にする効果的な対策方法はコレ!

除湿機の効果を良くする掃除の仕方については、コチラの記事に書いてあります。

除湿機の効果を良くする掃除の仕方はコレ!

スポンサーリンク