ゴム手袋の臭いの取り方は、どうすればいいのか

ゴム手袋は、洗い物をする時に手荒れなどを防いでくれるとても便利な物ですよね。

しかし、ゴム手袋の中が臭くなってしまったり

ゴム手袋を外した時に手に臭いが残ってしまいなかなか取れなかったり

することが多いです。

そこで、ゴム手袋の臭いの取り方や手についた臭いの消し方

ゴム手袋の臭いを消す予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

ゴム手袋の臭いの取り方

ゴム手袋の臭いの取り方はどうする?

ゴム手袋って何とも言えない嫌な臭いがしますよね。

なので、ゴム手袋の臭いを消して取って使っていきたいですよね。

ゴム手袋の臭い原因っていうのは

ゴムの独特の臭い
雑菌の臭い

この2つの臭いが混じってとても臭い臭いがしてしまいます。

ゴム手袋は、どうしてもゴムを使っているのでゴム独特の臭いがしますし

ゴム手袋の中っていうのは、手の皮脂や垢や汗などが大量についてしまいます。

そして、ゴム手袋の中は、高温多湿になりやすいので、雑菌が発生してしまい

雑菌の餌となる皮脂や垢などが多いので一気に繁殖していってしまいます。

この2つの臭い臭いが混じってしまい、あの独特の臭いがゴム手袋から臭ってきてしまいます。

そこで、ゴム手袋の臭いの取り方は

普通に石鹸や食器用洗剤で洗う

つけ置きする

しっかりと干して乾かす

この方法で臭いを消して取っていくことができます。

ポイントは、洗った後のつけ置きです!

そこで、ゴム手袋の中の臭い取りにおすすめのアイテムは

重曹
柔軟剤
酸素系漂白剤

などです。

重曹を使った臭いの取り方

ゴム手袋の臭いの取り方で、重曹を使った臭いの取り方は

ゴム手袋をひっくり返す

石鹸や食器用洗剤で洗う

ぬるま湯で綺麗に洗い流す

バケツにぬるま湯を溜めて中に重曹を入れる

ゴム手袋を中に入れて1~2時間つけ置きする

ぬるま湯で綺麗に洗い流す

しっかりと干す

です。

重曹には、消臭効果があるのでしっかりとつけ置きすることによって、臭いをしっかりと取っていく効果があります。

柔軟剤を使った臭いの取り方

ゴム手袋の臭いの取り方で、柔軟剤を使った臭いの取り方は

ゴム手袋をひっくり返す

石鹸や食器用洗剤で洗う

ぬるま湯で綺麗に洗い流す

バケツにぬるま湯を溜めて中に柔軟剤を入れる

ゴム手袋を中に入れて1~2時間つけ置きする

ぬるま湯で綺麗に洗い流す

しっかりと干す

です。

柔軟剤を使ったゴム手袋の中の臭いの取り方も重曹を使った取り方と同じです。

最初にしっかりとゴム手袋を洗ってから、柔軟剤を混ぜたぬるま湯につけ置きしていきます。

柔軟剤を使うことによって消臭効果だけじゃなくて、柔軟剤の良い匂いをつけていくことができるのでおすすめです。

酸素系漂白剤を使った臭いの取り方

ゴム手袋の臭いの取り方で、酸素系漂白剤を使った臭いの取り方は

ゴム手袋をひっくり返す

石鹸や食器用洗剤で洗う

ぬるま湯で綺麗に洗い流す

バケツにぬるま湯を溜めて中に酸素系漂白剤を入れる

ゴム手袋を中に入れて1~2時間つけ置きする

ぬるま湯で綺麗に洗い流す

しっかりと干す

です。

臭い取りには、漂白剤を使ってつけ置きするのが一番効果があります。

ただし、塩素系漂白剤を使うとゴム自体を傷めてしまうので、酸素系漂白剤を使っていくようにしてください。

これらが、ゴム手袋の臭いの取り方です。

スポンサーリンク

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方

ゴム手袋の臭いの取り方については、わかってもらえたと思います。

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方は

歯磨き粉をつける
サラダ油をつける
砂糖をつける
ステンレスソープを使う

などです。

歯磨き粉を使った臭いの消し方

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方で、歯磨き粉を使った臭いの消し方は

手に歯磨き粉をつける

手をこする

石鹸やハンドソープをつける

手をこする

水で洗い流す

です。

歯磨き粉には、研磨剤が含まれています。

その研磨剤で手に染みついている臭いをこすって落としていくことで、ゴム手袋の臭いを簡単に消していくことができます。

サラダ油を使った臭いの消し方

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方で、サラダ油を使った臭いの消し方は

手にサラダ油をつける

手をこする

石鹸やハンドソープをつける

手をこする

水で洗い流す

です。

ゴム手袋の臭いの原因は、先ほども書きましたが皮脂などが油分が含まれています。

その油分は、サラダ油などの油を使うことによって、簡単に落としていくことができます。

砂糖を使った臭いの消し方

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方で、砂糖を使った臭いの消し方は

手に砂糖をつける

手をこする

石鹸やハンドソープをつける

手をこする

水で洗い流す

です。

砂糖には、意外かもしれませんが殺菌効果があります。

なので、最初に砂糖をつけて手をこすることによって、手についている雑菌などをうまく落としていくことができます。

後は、石鹸やハンドソープをつけて綺麗に砂糖を洗い流していってください。

ステンレスソープを使った臭いの消し方

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方で、ステンレスソープを使った臭いの消し方は

手を濡らす

ステンレスソープで手をこする


石鹸やハンドソープをつける

手をこする

水で洗い流す

です。

ステンレスソープっていうのは、ステンレスで作られている石鹸の形をした物です。

ステンレスソープを濡れた手で触ることによって、化学反応が起こり臭いを消していってくれる効果があります。

なので、まずは手を水洗いして濡れたままの状態で、ステンレスソープで手をこすってください。

ステンレスソープが無い場合は、濡れた手で蛇口などステンレス製の物に触れてからこすると同じような効果を得ることもできます。

これらが、ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方です。

ゴム手袋の臭いを消す予防対策

ゴム手袋の臭いの取り方や手についた時の消し方などについては、わかってもらえたと思います。

そして、ゴム手袋の臭いを消す予防対策としては

ゴムの臭いを消す
ゴム手袋の中が臭くなるのを防ぐ

などの対策方法です。

ゴムの臭いを消す簡単な方法

ゴム手袋の臭いを消す予防対策で、ゴムの臭いを消す簡単な方法っていうのは

重曹水にゴム手袋をつけ置きします。

重曹水にゴム手袋をつけ置きすることで、ゴム自体の独特のあの嫌な臭いをうまく消していくことができます。

なので、新しいゴム手袋を使う時などは、使う前に重曹水に1時間ほどゴム手袋をつけ置きして洗い流してから使うようにしてください。

ゴム手袋の中が臭くなるのを防ぐ対策

ゴム手袋の臭いを消す予防対策で、ゴム手袋の中が臭くなるのを防ぐ対策は

こまめにゴム手袋を洗っていくことです。

どうしてもゴム手袋を使うと、ゴム手袋の中に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

なので、ゴム手袋をこまめに洗って雑菌が繁殖してしまうのを防いでいきます。

ゴム手袋の簡単な臭い消し方法は

使用した後にゴム手袋の中を簡単に洗う

ゴム手袋をしっかりと乾かす

ゴム手袋にアルコールスプレーを吹きかける

ゴム手袋を干す

です。

後は、ゴム手袋を使う時に、綿素材の薄い手袋をつけてゴム手袋をつけることです。

綿素材の薄い手袋をつけることで、ゴム手袋の中に皮脂や汗などが付着するのを防いでいくことができます。

これらが、ゴム手袋の臭いを消す予防対策です。

まとめ

ゴム手袋の臭いの取り方!手の臭いの消し方と予防対策!について書いていきました。

ゴム手袋が臭い原因は、ゴム自体の臭いと雑菌が大量発生してしまっているからです。

ゴム手袋の臭いの取り方は、ゴム手袋を洗った後に

・重曹
・柔軟剤
・酸素系漂白剤

などで1~2時間ほどつけ置きをしてください。

ゴム手袋の臭いが手についた時の消し方は

・歯磨き粉をつける
・サラダ油をつける
・砂糖をつける
・ステンレスソープを使う

などを使って手を洗っていくと簡単に臭いを消していくことができます。

後は、ゴム手袋が臭くならないように、しっかりと臭いの予防対策を心がけていくようにしてください。

ゴム手袋の外側や内側の綺麗な洗い方や正しい乾かし方やゴム手袋をうまくひっくり返すやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ゴム手袋の簡単で綺麗な洗い方と乾かし方!

スポンサーリンク