ご飯の日持ちはどれくらいなのか

炊いたご飯を全て食べることができなくて、残ったご飯を保存することがよくありますよね。

そんなご飯を保存するときに、一番気になるのはご飯はどれくらい日持ちするのかです。

そこで、ご飯を常温保存や冷蔵保存や冷凍保存した時は、どれくらい日持ちするのか

そして、うまく長持ちさせるための保存のコツや弁当のご飯を美味しく長持ちさせるコツなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

ご飯の日持ちは?

ご飯は炊きたてをすぐに食べるのが一番美味しいですよね。

しかし、どうしても炊いたご飯が残ってしまったり、多めに炊いて作り置きしておきたい時などがありますよね。

そこで、ご飯を保存する時は腐らないように、どれくらい日持ちするのかっていうを知っておかなくてはいけません

ご飯を保存しておく方法は

・常温保存
・冷蔵保存
・冷凍保存

の3つの方法があり、それぞれの保存方法によって日持ちが違ってくるので注意してください。

常温保存の場合

ご飯を常温保存する場合の日持ちは、季節によって違ってきます。

春・秋の場合⇒約1日

冬の場合⇒約1日半

夏の場合⇒半日

です。

ご飯っていうのは、常温保存には全く向いていないのでだいたい日持ちは1日です。

暑い夏の季節などは、半日持つかどうかで物凄く日持ちが短いので注意してください。

なので、夏の暑い季節以外は、夜に炊いたご飯を常温保存しておいて翌朝に食べる分にはいいですが

それ以外の場合は、できるだけご飯を常温保存しないようにしてください。

これは、炊飯器に入れてそのまま保存しておく場合もほとんど日持ちは変わりません

冷蔵保存の場合

ご飯を冷蔵保存する場合の日持ちは、約3日間ほどです。

残ったご飯をすぐに炊飯器からタッパなどに入れ替えて蓋をして密封させて冷蔵庫で保存します。

この時に、まとめて大きなタッパなどに入れるのではなくて、一善分のご飯ごとに小さいタッパなどに入れて保存してください。

冷凍保存の場合

ご飯を冷凍保存する場合の日持ちは、約1カ月です。

ご飯を腐らせずに一番長持ちさせる保存方法は、冷蔵庫に入れて冷蔵保存する方法です。

残ったご飯をすぐに密封できるタッパなどに、一善分づつ小分けに入れて冷蔵保存するようにしてください。

冷凍保存すれば、腐らせずに2~3カ月は保存しておくこともできますが、水分が無くなってしまい美味しく食べることができなくなってしまうので

冷凍保存でもできるだけ早く食べるようにしてください。

これが、ご飯を保存するときの日持ちの目安です。

ご飯の日持ちを長持ちさせるコツ

ご飯の日持ちの期間については、わかってもらえたと思います。

そして、ご飯を保存するときは、1日以内に食べてしまう場合は常温保存でも大丈夫ですが

そうではない場合は、冷蔵保存か冷凍保存しなくてはいけません

そして、冷蔵保存する場合も冷凍保存する場合もご飯をより美味しく日持ちを長持ちさせる保存のコツがあります。

それは、ご飯を冷蔵庫や冷凍庫に入れる時は、必ずご飯が冷えてから入れて保存するようにしてください。

なぜご飯が冷えてから冷蔵庫や冷蔵庫に入れるのがいいのかっていうと

ご飯がまだ温かく熱を持っている状態で、タッパなど密封できる容器に入れて保存してしまうと

ご飯の熱によってタッパの中に水滴ができてしまいます。

その水滴によってご飯を傷めやすくしてしまったり、カビなどが繁殖しやすい状態になってしまったりしてしまいます。

なので、ご飯を冷蔵保存や冷凍保存する時は、できるだけ常温保存せずにご飯が冷えて熱が無くなるのを待ってからタッパなどに入れ替えて保存してください。

スポンサーリンク

弁当のご飯を傷めず長持ちさせるコツ

ご飯の日持ちや長持ちさせる保存のコツなどについては、わかってもらえたと思います。

そして、心配なのが弁当のご飯などですよね。

そこで、弁当のご飯を傷めずに長持ちさせるコツは

・ご飯が冷えてから弁当箱に入れる
・保冷剤も一緒に入れる
・梅干しをご飯に混ぜる

などです。

ご飯が冷えてから弁当箱に入れる

ご飯が冷えてから弁当箱に入れるっていうのは、ご飯がまだ温かい状態で弁当箱に入れてしまうと

先ほども書いたように水滴が多くできてしまいます。

なので、ご飯を弁当に入れる時は、ご飯がしっかりと冷めてから弁当箱に詰めてください。

保冷剤も一緒に入れる

保冷剤も一緒に入れるっていうのは、弁当箱の下やなどに保冷剤も一緒に入れてください。

保冷剤を一緒に入れることで、少しでも弁当箱を冷やすことができます。

冬場などはそのままでも大丈夫ですが、冬以外は必ず保冷剤を弁当箱の下などに入れておいてください。

梅干しをご飯に混ぜる

梅干しをご飯に混ぜるっていうのは、梅干しに含まれている成分によって菌の繁殖を抑える効果があります。

ただし、ご飯の真ん中にポツンと梅干しを置いてもあまり効果がないので

梅干しを細かく砕いてご飯に混ぜて梅干しがご飯全体に散らばるようにして入れてください。

これが、弁当のご飯を傷めずに長持ちさせるコツです。

ご飯が腐ってしまっているかどうか見分ける簡単な方法と食べてしまった時の対処法については、コチラの記事に書いてあります。

ご飯が腐っているか簡単な確認方法!

まとめ

ご飯の日持ちは?常温・冷蔵・冷凍と長持ちさせるコツ!について書いていきました。

ご飯の日持ちは

・常温保存で約1日
・冷蔵保存で約3日
・冷凍保存で約1カ月

です。

ご飯を冷蔵保存や冷凍保存する時は、ご飯が冷めてから密封できるタッパなどに小分けに入れて保存することでより傷めずに長持ちさせることができます。

そして、弁当のご飯を長持ちさせるコツは、梅干しをご飯に混ぜて冷えてから弁当箱に入れて保冷剤なども一緒に入れておくようにしてください。

炊いていないお米の賞味期限や正しい保存方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

お米の賞味期限と正しい保存の仕方!

米袋に虫が発生してしまった米は食べることができるのか、米に虫を発生させない対策方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

米に虫が発生する原因と防ぐ対策方法!

スポンサーリンク