服やズボンやスカートなどについてしまったシワをすぐに簡単に伸ばして取っていく取り方は、どうすればいいのか

シワを綺麗に無くしていくにはアイロンをかけるのがいいのですが、アイロンが無い場合の服やズボンやスカートのシワ取りって困ってしまいますよね。

そこで、アイロンを使わないで、服やズボンやスカートなどについたシワを簡単いすぐに取っていく誰でもできる取り方の対処法や

シワがつかないようにする洗い方のコツなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

服やズボンのシワをすぐにとる簡単な取り方

朝に着ようと思っていた服やズボンやスカートなどがシワシワになってしまっていたり

ホテルや外出先などで、シワシワになってしまったりした時っていうのは、アイロンがあれば簡単にシワをとっていくことができますが、無い時って困ってしまいますよね。

そこで、アイロンを使わずに服やズボンやスカートなどのシワをすぐに簡単にとっていく取り方は

シワができている場所に霧吹きや消臭スプレーをかける

タオルで押さえながらシワを伸ばす

ドライヤーで更にシワを伸ばしながら乾かす

です。

服やズボンなどについたシワは、髪の毛の寝癖と同じで、一旦軽く濡らして伸ばしながら乾かしていくことで無くしていくことができます。

霧吹きや消臭スプレーをかける

まずは、シワを伸ばす為に霧吹きや消臭スプレーをかけます。

霧吹きで水をかけるので十分なのですが、洗濯していない場合は、水をかけることによって臭いが気になる時は、消臭スプレーをかけるのがおすすめです。

霧吹きや消臭スプレーなどが無い場合は、タオルなどを濡らしてそのままシワを伸ばしてください。

より綺麗にシワをとるコツはお湯を使う

シワになっている部分を濡らしていく時に、霧吹きの水や消臭スプレーよりもタオルをお湯で濡らしてシワを伸ばしていく

繊維が伸びやすくなって、より綺麗にシワを綺麗に取ることができます。

タオルで押さえながらシワを伸ばしていく

服やズボンやスカートなどが濡れている状態で、タオルをおいてシワを伸ばしていきます。

乾いたタオルを使うことによって、水分を吸収しながらシワを伸ばしていきます。

ドライヤーでシワを伸ばしながら乾かしていく

最後は、ドライヤーを使って更にシワを伸ばしながら乾かしていきます。

寝癖を直す時と同じで、しっかりと乾かさないとまた濡れた場所に変なシワが出来てしまうので、しっかりと乾かしていってください。

この時に、完全に乾いた後に少し冷風を当てることによってシワをつきにくくしてくれます。

濡れて服やズボンが臭くなってしまった時の臭いを早く消していく臭い取りの方法については、コチラの記事に書いてあります。

服が濡れて臭い時の臭い消し対策!

スポンサーリンク

服やズボンにシワがつきにくい洗い方

服やズボンやスカートなど衣類にシワがついてしまっているのを、アイロンを使わずに簡単にシワをとっていく取り方については、わかってもらえたと思います。

そして、服やズボンやスカートなど衣類にシワができるだけつかないようにしていく予防対策として重要になってくるのが洗い方です。

そこで、シワがつきにくい洗い方のコツとしては

脱いだ服のシワを簡単に伸ばす

服を洗濯ネットに入れる

脱水時間を短くする

干す前にシワを伸ばす

です。

脱いだ服のシワを簡単に伸ばす

まずは、脱いだ服を洗濯機に入れる前に、簡単でいいのでできるだけシワを手などで伸ばしておいてください。

シワがつきにくい洗濯ネットの入れ方

服やズボンやスカートなどは、洗濯ネットに入れて洗濯することによって他の洗濯物と混ざらなくなってシワがつきにくくなります。

そして、洗濯ネットに入れる時もシワがつきにくい入れ方があって

裏返しに入れる
ボタンなどはつける
小分けに洗濯ネットに入れる

です。

まずは、洗濯物を裏返しにしてください。

そして、シャツなどはボタンをまたつけてもらって、ズボンやスカートなどもチャックやボタンをまた閉めてください。

少しめんどくさいですが、ボタンなどを閉めることによって洗濯している時にシワがつきにくくなります。

洗濯ネットに詰め込み過ぎてしまうと、それだけシワがつきやすくなってしまいますし

逆に大きい洗濯ネットに少量だと、洗濯ネットの中で洗濯物が動きやすくなってしまいシワがつきやすくなってしまいます。

なので、適度な大きさの洗濯ネットに、シャツやズボンやスカートなどそれぞれ小分けにして入れてください。

洗濯ネットに入れることによって、服についてしまう毛玉を予防していく効果もあります。

服にできてしまった毛玉を簡単に綺麗にとっていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

服の毛玉をうまく取っていくやり方!

脱水時間を短くする

脱水時間を短くするっていうのは、洗濯物にシワが一番つきやすいのは脱水している時です。

なので、いつもよりも少し脱水時間を短く設定して洗うようにしてください。

そして、洗濯物を干す時にまたシワを手などで簡単でいいので、伸ばしてから干すようにしてください。

洗濯機の脱水時の音がうるさい時の原因となるべく静かにする洗濯物の入れ方などについては、コチラの記事に書いてあります。

洗濯機の脱水音を静かにする方法!

部屋干しで洗濯物を早く乾かしていくおすすめの干し方については、コチラの記事に書いてあります。

部屋干しでも早く洗濯物を乾かすコツ!

まとめ

服やズボンのシワの簡単な取り方!アイロンを使わない対処法!について書いていきました。

時間が無い時に、服やズボンやスカートなどのシワをすぐに簡単にとっていく対処法は

一旦軽く濡らしてシワを伸ばしていきながらドライヤーで乾かしていく方法です。

乾いている状態でいくらシワを伸ばしても、シワは無くならないので注意してください。

そして、できるだけ衣類にシワがつかないように予防していく為の洗濯の仕方として

洗濯ネットに小分けに入れて、脱水時間を少し短くしていくようにしてください。

服やズボンが濡れた時の早く乾かしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

雨で服が濡れた時に早く乾かす方法!

洗濯したのに臭いが取れない時の臭いを上手く消していく洗濯の仕方については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物の嫌な臭いを上手く消す洗い方!

洗濯物にほこりがつかないようにしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物にほこりがつかない対策方法!

スポンサーリンク