車のタイヤがパンクしたか確認する方法は、どんな方法があるのか

車のタイヤがパンクしているかの見分け方や

車のタイヤがパンクしてしまっている時の症状などについて書いていきます。

タイヤがペシャンコに潰れてしまっている時は、すぐにパンクだとわかりますが

徐々にタイヤの空気が抜けているパンクの状態の時っていうのは、なかなかタイヤがパンクしてしまっているっていうことに気づかないことが多いですからね。

スポンサーリンク

車のタイヤがパンクしたか確認する方法

毎日車に乗っている人でも、タイヤの空気が徐々に抜けていってしまっているパンクの状態っていうのは気づかないことが多いです。

車に乗る時に、毎回タイヤの状態をチェックしていることは、あまりないですからね。

そして、だいぶタイヤの空気が抜けてきてしまって始めて、もしかしてタイヤがパンクしてしまっているかもしれないと思います。

そこで車のタイヤがパンクしてしまっているかどうかを確認する簡単な方法は

ガソリンスタンドなどでタイヤの空気をしっかり規定量入れる

空気を入れる場所のネジをしっかりと閉める

1~2日そのままの状態でタイヤが凹んでくるか確認する

です。

4つのタイヤ全てに空気を規定量入れる

まずは、しっかりと4つのタイヤ全てに規定量の空気を入れてください。

タイヤの空気圧は、その車によってそれぞれ違うので、ドアの横に空気圧の量が書かれているシールが貼られているのでそれを確認してください。

そして、タイヤにしっかりと空気が入っている状態の時のタイヤの沈み具合を覚えておいてください。

空気を入れるネジをしっかりと閉める

タイヤに空気を入れた後は、空気ネジをしっかりと閉めてください。

ネジがしっかりと閉まっていないと、空気が徐々に抜けていってしまいますからね。

1~2日そのままの状態でタイヤが凹んでくるか確認する

後は、1~2日そのままの状態でタイヤが凹んでくるか確認します。

タイヤがパンクしている場合は、1~2日でも空気が徐々に抜けていってしまいタイヤが凹んできます。

前後左右のタイヤと見比べて、タイヤの沈み具合が違う場合は、そのタイヤはパンクしてしまっています。

これがタイヤがパンクしてしまっているかどうか確認する一番簡単な方法です。

車のタイヤがパンクしたか走行中の症状の見分け方

車のタイヤがパンクしてしまっているかどうかの簡単な確認方法については、わかってもらえたと思います。

そして車のタイヤがパンクしたか見分け方は、走行中の車の症状でもわかります。

車のタイヤがパンクしてしまっていて、タイヤの空気が少なくなってきてしまっている時の走行中に出やすい症状としては

いつもと違う揺れや振動を感じる
車が左右どちらかに行きやすくなる
ハンドルが重たくなる
カーブを曲がるとき膨らんでしまう
走行中にタイヤから異音がする
加速が悪くなる
ブレーキが利きにくくなる

などです。

このような症状が走行中に多く感じる場合、タイヤがパンクしてしまっていることが多いです。

いつもと違う揺れや振動を感じる

いつもと違う揺れや振動を感じるっていうのは、タイヤがパンクして空気圧が下がってしまっていると車のバランスが悪くなります。

それが原因で、いつもとは違う横揺れや縦揺れなどを走行中に感じることがあります。

スポンサーリンク

車が左右どちらかに行きやすくなる

車が左右どちらかに行きやすくなるっていうのは、真っすぐに走らなくなってしまうっていうことです。

パンクによってタイヤの空気圧が下がることによって、タイヤが道路に接地する面積が左右で違ってきます。

それによって、真っすぐに走行しているつもりでも、車が左右どちらに偏りやすくなってしまいます。

ハンドルが重たくなる

ハンドルが重たくなるっていうのは、タイヤがパンクして凹んでくると道路との接地面積が広くなります。

そうなるとハンドルが重たくなってきます。

カーブを曲がる時に膨らみやすくなる

カーブを曲がる時に膨らみやすくなるっていうのは、ハンドルが重たくなっていつもと同じようにハンドルを切ってもうまく曲がれなかったり、膨らんで曲がってしまいます。

そしてタイヤが凹んでいることによって、バランスよく車を支えることができなくて力が逃げてしまい曲がる時に膨らみやすくなってしまいます。

走行中にタイヤから異音がする

走行中にタイヤから異音がするっていうのは、タイヤがパンクして凹んで道路と接地している面が広くなると、それだけタイヤと道路との摩擦が大きくなります。

それによってタイヤから異音やうるさい音が聞こえるようになったりします。

加速が悪くなる

加速が悪くなるっていうのは、タイヤがパンクして凹んでくるとタイヤのグリップ力が低下します。

タイヤのグリップ力が低下すると、雪道などを走行しているのと同じでタイヤが空転してしまい加速が悪くなります。

ブレーキが利きにくくなる

ブレーキが利きにくくなるっていうのは、加速が悪くなるのと同じでグリップ力が低下してしまっているのでスピードを上手く落とすことができなくなってしまいます。

車のタイヤがパンクしてしまった時の対処法やそのまま走行するのがダメな理由などについては、コチラの記事に書いてあります。

車のタイヤがパンクした時にすぐやる対処法!

まとめ

車のタイヤがパンクしたか確認方法!走行中の症状の見分け方!について書いていきました。

車のタイヤがパンクした時っていうのは、タイヤがペシャンコに潰れて凹んでいる場合はすぐにパンクだと気づきます。

しかし、徐々に空気が抜けていってしまっているパンクの状態の時っていうのはパンクだとは気づかないことが多いです。

そんな車のタイヤがパンクしたか確認方法は、4つのタイヤ全てにしっかりと空気を入れて

タイヤが徐々に凹んでくるかどうかで確認するのが一番簡単な方法です。

そして、タイヤがパンクしてしまっている状態で走行していると

いつもと違う揺れや振動を感じる
車が左右どちらかに行きやすくなる
ハンドルが重たくなる
カーブを曲がるとき膨らんでしまう
走行中にタイヤから異音がする
加速が悪くなる
ブレーキが利きにくくなる

などの症状が起こりやすくなってきます。

どれか一つでも思い当たる症状がある場合は、一度ガソリンスタンドや車屋さんなどでタイヤがパンクしてしまっているか確認してもらってください。

車のタイヤがパンクしてしまっている状態で、そのまま乗って走行するのはとても危険ですからね。

車の燃費を良くする為のおすすめの簡単な対策については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

車の燃費を良くする対策方法!

冬の季節に車の燃費が悪くなる原因と燃費を良くする為の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

冬に注意したい車の燃費を良くする対処法!

車のガラスにこびりついている油膜を綺麗に取っていく簡単な油膜取り方法については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスの油膜取りは新聞紙と洗剤!

スポンサーリンク