帽子が臭い

帽子に汚れがついて汚くなってしまった

帽子っていうのはとても便利なものですが臭い臭いがしてしまったり汚れがついてしまった時などはどうやってとっていけばいいのか

普通に洗濯機などで簡単に洗えるのならいいのですが洗濯機などで洗えない場合の洗い方や臭いの取り方はどうしていけばいいのかについて書いていきます。

キャップ帽やニット帽や麦わら帽子やハットなど種類によって洗濯方法が違ってくるので注意してください。

スポンサーリンク

帽子の洗い方は種類によって違う

帽子っていうのは紫外線対策やお洒落をしたい時そして髪型が決まらない時などよくかぶることが多いです。

そんな便利な帽子ですが困るのがかぶりすぎてしまって臭くなってしまったり汚れてしまったりした時に普通に洗っていけばいいのか

それとも洗ってはいけないのか洗い方や汚れの落とし方などがわからないことです。

そこでまずはこの帽子が洗えるのかどうかっていうのをチェックする方法として帽子についているタグなどをみてください。

帽子のタグに一番左端のようなバケツに罰点マークなどがある時は洗っていくことができません

そしてタグに真ん中のようなバケツマークがある時は手洗いして洗っていくことができます。

中に書いてある数字はお湯の温度でこの場合だと30℃以下のお湯で洗ってくださいっていうことです。

最後に一番右の洗濯機のマークがある場合は洗濯機で洗っていくことができます。

手洗いや洗濯機で洗っていくことができる帽子の場合は洗濯していくことができます。

キャップ帽などツバ付きの帽子の洗い方

キャップ帽などツバ付きの帽子の場合は洗濯機などで洗ってしまうとツバが折れてしまったりして型崩れなどを起こしてしまうので手洗いで洗っていきます。

キャップ帽でも素材によっては手洗いできない種類もあるので注意してください。

キャップ帽の洗い方としては

水またはぬるま湯をバケツに溜める

中性洗剤を少量入れてよくかき混ぜる

キャップ帽を中に入れる

ツバ以外の場所を優しく押す感じで洗う

汚れが酷い場所やスベリの裏などを歯ブラシで軽く擦る

中の水やお湯を一度捨てる

水またはぬるま湯をバケツに溜めてすすぎする

洗剤が綺麗に落ちるまで3~4回繰り返しすすぐ

タオルにくるんで水分をとる

帽子の中にザルやボールなどを入れて日陰干しする

です。

まずは洗面所やバケツなどに水もしくはぬるま湯を溜めてください。

そして使っていく洗剤は中性洗剤を使っていってください。

この時に色落ちなどしないか軽く帽子の目立たない部分でチェックしておいてください。

中で洗っていく時はツバ以外の場所を押す感じで優しく押し洗いしていくようにしてください。

押し洗いしていくだけでも汗や皮脂などを綺麗に落としていくことが出来ます。

そしてツバの部分や汚れがついている場所は歯ブラシで優しく擦るようにして洗っていってください。

後、一番汗や皮脂などが付着してしまっている帽子の内側の額が当たるスベリの裏側もしっかりと歯ブラシで綺麗に洗っていってください。

しっかりとすすぎをして洗剤や汚れを綺麗に洗い流した後はタオルやバスタオルで帽子を包むようにして水分をしっかりととって脱水していってください。

この時も帽子のツバが折れたりしないようにタオルやバスタオルで挟むようにして水分をとっていくようにしてください。

最後はしっかりと陰干しをして乾燥させていくのですがこの時に型崩れなどを起こさないようにキャップ帽の中にザルやボールを入れていくようにしてください。

ザルやボールが無い場合は新聞紙やタオルをキャップ帽の中に入れて乾かしていくようにしてください。

スポンサーリンク

ニット帽などの帽子の洗い方

ニット帽などの帽子の洗い方は洗濯機で洗える場合は洗濯ネットなどに入れて洗っていくようにしてください。

手洗いで洗っていく場合は基本的にはキャップ帽と同じで水またはぬるま湯に中性洗剤を入れて洗っていきしっかりとすすいでからタオルやバスタオルで包むようにして水分を取った後に日陰干ししていきます。

日陰干しをしていく場合に注意してほしいことがあってニット帽などは洗濯バサミで挟んで干していくこともできますが洗濯バサミなどを使ってしまうと後が残ってしまうので止めて

キャプ帽と同じようにニット帽の立てて形を整えた後にザルやボールもしくは新聞紙やタオルを中に入れて陰干しをしていくようにしてください。

麦わら帽子やハット帽などの洗い方

麦わら帽子やハット帽などは基本的に手洗いなどが出来ない場合が多いです。

なのでクリーニングなどに出してもらって綺麗に臭いや汚れをとっていくのが一番いいです。

簡単に汚れをとっていきたい場合は専用のブラシなどで軽くブラッシングをしていったりしてください。

この時にガムテープなどを使ってしまうと布などを傷めてしまうことがあるので注意してください。

臭い対策としては硬く絞った濡れタオルで帽子の中を拭いていた後に乾いたタオルで再度帽子の中を綺麗に拭いていってしっかりと乾燥させていってください。

臭いがなかなか取れない場合は濡れタオルの代わりに消臭効果のある重曹水などをタオルに吹きかけて拭いていき後はまた乾いたタオルで拭いてしっかりと乾燥させていってください。

重曹水の作り方や重曹の効果などについてはコチラの記事に書いてあります。

靴の臭い臭い取りにおすすめの重曹の効果!

日ごろのお手入れが大事

キャップ帽やニット帽そしてハットなどの種類別の帽子の洗い方についてはわかってもらえたと思います。

臭い対策や取りには帽子を綺麗に洗っていくことは大事です。

しかし服などと違いこまめに洗ってしまうと帽子を傷つけたりしてしまうのであまり頻繁には洗っていくことができません

なので帽子の場合は使った後や日ごろのお手入れなど予防対策がとても大事になってきます。

かぶった後は必ず帽子の中を拭いて風通しの良い場所でしっかりと乾燥させてから帽子を保管するようにしてください。

帽子が臭くなってしまう原因や日ごろのお手入れや予防対策などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

帽子が臭くなる原因と日ごろの手入れ対策!

まとめ

帽子の洗い方!臭いや汚れの取り方は種類によって洗濯方法が違うについて書いていきました。

帽子は常に汗や皮脂がつきやすく中が高温多湿の状態になってしまうので雑菌などの繁殖によって臭くなりやすいですし汚れがついたりしてしまいます。

帽子の洗い方としてはまずはその帽子が洗うことができるのか洗濯機で洗えるのか手洗いで洗っていくのかをチェックしてから洗っていくようにしてください。

そして洗っていく時は中性洗剤を使って型崩れなどを起こさないように優しく洗っていき

しっかりとすすいでから陰干ししてしっかりと乾かしていってください。

自分では洗えない帽子の種類や色落ちや型崩れが心配な場合はクリーニングなどに出して綺麗にしていってください。

バッグの臭い臭いを取っていく方法や臭いが残らないようにする予防対策についてはコチラの記事に書いてあります。

バッグの臭い臭いを消す方法!

靴の臭い臭いを取っていく簡単な対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

靴の臭いを簡単にとっていく方法!

スポンサーリンク