汗をかいた服を素早く乾かしていく簡単な方法はどうすればいいのか

暑い時期は、汗をいっぱいかいてすぐに着ている服が汗で濡れてしまいますよね。

汗をかいた服っていうのは、着ていてもベトベトして気持ち悪いですし

そのまま放置してしまっていると服が臭くなってしまいます。

そこで、着ている汗をかいた服をすぐに乾かしていくおすすめの乾かし方や

汗をかいた服が臭くならないようにしていく方法と服に汗シミがつかないようにする簡単な予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

汗をかいた服をすぐ乾かす方法はコレ

汗をかいた服は、着ていても気持ち悪いのですぐに服を着替えたいですよね。

しかし、外出中や会社や学校などでは、新しい服に着替えたりすることができないのでし

着ている服を脱いで干すことができないので困ってしまいます。

そこで、汗をかいた服を着たまますぐに乾かす方法としておすすめの乾かし方は

体の熱をクールダウンさせる

タオルで汗を拭き取る

服と肌の間に隙間を作る

うちわなどであおぐ

です。

体の熱をクールダウンさせる

体の熱をクールダウンさせるっていうのは、汗を止めるようにしていくってことです。

いくら汗をかいた服を乾かそうとしても、汗が出ている状態では乾かないですからね。

なので、まずは体の熱をクールダウンさせて汗をできるだけ止めていきます。

体の熱をクールダウンさせる方法としては

日陰に入る
涼しい場所に移動する

冷たい飲み物を飲む
首の後ろや脇などを冷やす

です。

外にいる時は、できるだけ直射日光が当たらない日陰に移動したりしてください。

冷たい飲み物を飲むことで、体内から体を冷やしていきます。

後は、首の後ろや脇などを太い血管が集中している場所を冷やすことで、効率よく体の熱をクールダウンさせていくことができます。

タオルで汗を拭き取る

体の熱をクールダウンさせた後は、タオルやハンカチなどで体についている汗を拭き取っていきます。

体に汗がついてしまっている状態では、服を早く乾かしていくことができません

なので、持っているハンカチやタオルなどで汗を綺麗に拭き取っていってください。

タオルやハンカチが無い場合は、ポケットティッシュなどでもいいので体についている汗を取り除いていってください。

服と肌の間に隙間を作る

服と肌の間に隙間を作るっていうのは、風通しを良くしていきます。

汗をかいた服は、肌にぺったりとくっついてしまっていますよね。

その状態では、風通しが悪く汗をうまく蒸発させていくことができなくて、服が乾くのに時間がかかってしまいます。

なので、服と肌の間に少し隙間を作って風通しを良くしていってください。

洗濯物を乾かすときも、洗濯物同士がくっついてしまっているよりも、少し離した方が早く乾かしていくことができますからね。

それと同じ原理です。

うちわなどであおぐ

そして、最後はうちわなどであおいで風をしっかりと服に当ててください。

扇風機がある場合は、扇風機が一番いいのですが

無い場合は、うちわや下敷きなどでゆっくりとあおいでください。

うちわであおぐ時も、服の上からあおぐよりも、できるだけ服の中に風が当たるよう仰いでいくのが早く乾かすコツです。

これが、汗をかいた着ている服をすぐに早く乾かしていく乾かし方です。

スポンサーリンク

汗をかいた服を臭くさせないコツ

汗をかいた服をすぐに乾かす方法については、わかってもらえたと思います。

そして、汗をかいた服で一番困ってしまうのは、汗をかいた後に服が臭くなってしまうことですよね。

そこで、汗をかいた服を臭くさせないコツは、服に汗がついてから1時間以内にしっかりと服の汗を乾かしていくことです。

汗をかいた服は、だいたい1~2時間後くらいに雑菌などが多く繁殖してきて臭くなってきてしまいます。

なので、服が臭くならないようにする為に、汗をかいた服は1時間以内に上記で書いた方法でしっかりと服を乾かして汗を蒸発させてください。

汗臭くなってしまった服を外出中でも簡単に消臭していく消臭対策については、コチラの記事に書いてあります。

汗臭い服を外でも簡単に消臭する方法!

服の汗シミを予防する簡単な対策はコレ

汗をかいた時に困ってしまうのが、服に汗シミができてしまうことですよね。

そこで、服の汗シミを予防する簡単な予防対策としては

インナーを着る
制汗剤をつける
ベビーパウダーをつける
着替えを持っておく

などがおすすめの予防対策です。

インナーを着る

インナーを着るっていうのは、インナーが汗を吸い込んでくれて服に汗が着くのを防いでくれます。

なので、暑い時期でもインナーをしっかりと着て、服が肌につかないようにしてください。

インナーも速乾性の良いものや吸収性の良いものを着ると、汗の乾きも早いので臭くなりにくくておすすめです。

制汗剤をつける

制汗剤をつけるっていうのは、汗が出るのを抑えてくれます。

よく汗の臭い対策として、デオドラント剤をつけるっていうのを聞いたことがあると思います。

デオドラント剤っていうのは、汗の臭いを抑えていってくれる成分を含んでいますが

制汗剤っていうのは、肌に塗ることで汗が出るのを抑えてくれる成分を含んでいます。

なので、外出する前などにサッと制汗剤をつけておくことで、汗を抑えてくれるので服に汗シミができにくくなります。

ベビーパウダーをつける

ベビーパウダーをつけるっていうのは、ベビーパウダーを肌に軽くつけておくことでベビーパウダーが汗を吸収してくれます。

それによって、服に汗をつくのを防いでいくことができます。

ベビーパウダーは、赤ちゃんのあせも対策などにもよく使われるので肌にとても優しいです。

なので、制汗剤が無い場合などは、ベビーパウダーを軽くつけるのも服の汗シミ対策におすすめです。

着替えを持ち歩く

着替えを持ち歩くは、汗をかいた服はすぐに着替えるですね。

少し荷物が増えますが、暑い日は着替えを1枚持って外出したり

会社や学校などに着替えを置いておくなどですね。

汗をかいて着替えた服は、ビニール袋に入れておいたり

会社や学校などの場合は、ハンガーなどにかけてしっかりと乾かしておいてください。

汗をかいた服をすぐに洗濯できない時の対処法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

汗をかいた服をすぐに洗濯できない時の対処法!

まとめ

汗をかいた服をすぐに乾かす方法!汗シミを予防する対策はコレ!について書いていきました。

着ている服が汗をかいてしまった時は、できるだけ早く乾かさないと服が臭くなってしまいます。

そこで、汗をかいた服をすぐに乾かすおすすめの方法は

体の熱をクールダウンさせて汗を抑える
タオルなどで体の汗を拭き取る
服と肌の間に風をしっかりと入れる

ようにして乾かしていきます。

そして、服に汗シミがつかない簡単な予防対策として

インナーを着る
制汗剤をつける
ベビーパウダーをつける
着替えを持っておく

などを心がけるようにしてください。

雨で濡れてしまった服を早く乾かしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

雨で濡れてしまった服を早く乾かす方法!

服にできた汗ジミの黄ばみを綺麗に落としていく落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

汗ジミの黄ばみを落とす洗い方はコレ!

服の臭いを簡単に消していく対処法については、コチラの記事に書いてあります。

服の臭いを消していく簡単な対処法!

スポンサーリンク