ヨーグルトは体に良い食べ物とよく言われます。

そこで、ヨーグルトの効果とは何か

ヨーグルトを食べることでどのような効果が得られるのか

そして、ヨーグルトの効果を高める食べるおすすめのタイミングや

ヨーグルトを食べる時に気をつけてほしい注意点などについて書いていきます。

スポンサーリンク

ヨーグルトの効果とは?

ヨーグルトを食べると体に良い効果があると言われている理由は、ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれているからです。

乳酸菌の効果によって、腸内にある善玉菌が増えて腸の働きを良くして腸内環境を整えていってくれます。

これが、ヨーグルトを食べると体に良いと言われる効果です。

そこで、実際に体にどのような良い効果があるのか

ヨーグルトの効果は

風邪をひきにくくなる
便秘や下痢の解消
肌が綺麗になる

などの効果を得ることができます。

風邪をひきにくくなる

ヨーグルトの効果で風邪をひきにくくなるっていうのは、免疫力が高くなるからです。

ヨーグルトの効果によって腸内環境が良くなり腸の働きが良くなりますよね。

免疫細胞っていうのは、約70%が腸に集まっています。

なので、腸内環境が良くなるとそれだけ免疫細胞の働きも良くなり免疫力が高くなります。

免疫力が高くなると、風邪の菌やウイルスなどをしっかりとやっつけてくれるのでそれによって風邪をひきにくくなります。

便秘や下痢の解消

ヨーグルトの効果で便秘や下痢の解消っていうのは

腸内環境が良くなり腸の働きがよくなると便通も良くなるので便秘が解消されます。

更に、下痢の時っていうのは腸の状態も悪くなっているのですが

腸内環境を整えていくことで腸の状態も良くなっていくので下痢の症状も解消していくことができます。

肌が綺麗になる

ヨーグルトの効果で肌が綺麗になるっていうのは、便秘が解消されるからです。

便秘で腸に便が溜まってしまっていると、アンモニアなどの不純物質も溜まってしまいます。

その不純物質が血液中にも含まれてしまい全身に行き渡ってしまい肌の状態を悪くしてしまいます。

それが、ヨーグルトの効果で便秘が解消されることで起こらなくなり、肌の状態が良くなっていくので肌が綺麗になっていきます。

これらの効果が、ヨーグルトを食べることで体に得られる良い効果です。

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミング

ヨーグルトを食べることで腸内環境が良くなりそれによって得られる体に良い効果については、わかってもらえたと思います。

基本的にヨーグルトは朝昼晩といつ食べてもいいのですが、よりおすすめの食べるタイミングがあります。

そこで、ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングは

食後に食べる
夜の9時前までに食べる
毎日継続して食べる

などです。

スポンサーリンク

食後に食べる

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングで食後に食べるっていうのは

食前にヨーグルトを食べると空腹の状態なので胃酸が多く分泌されています。

乳酸菌は、胃酸が多いと消滅してしまうことが多いです。

なので、胃酸の分泌が少ない食後にヨーグルトを食べた方がより乳酸菌を多く腸に届けることができます。

夜の9時前までに食べる

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングで夜の9時前までに食べるっていうのは

腸が一番活発に活動している時間帯が夜の10時から深夜2時ぐらいまでです。

この時間帯は、「腸のゴールデンタイム」と言われています。

この「腸のゴールデンタイム」により多くの乳酸菌を腸に届けることによって腸内環境をしっかりと整えていくことができます。

なので、腸の働きが一番活発になる前にヨーグルトを食べるのがおすすめです。

毎日継続して食べる

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングで毎日継続して食べるっていうのは

ヨーグルトは食べても即効性がなくて、ゆっくりと乳酸菌を増やしていかなくてはいけません

なので、食べたり食べなかったりするのではなくて、毎日しっかりと継続して食べるようにしてください。

これらが、ヨーグルトの効果をより高めるおすすめの食べるタイミングです。

ヨーグルトを食べる時の注意点

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングについては、わかってもらえたと思います。

そして、ヨーグルトを食べる時には気をつけなくてはいけない注意点があります。

それは、ヨーグルトを食べ過ぎないことです。

ヨーグルトの1日の摂取量は、種類によっても違ってきますが約200gです。

食べ過ぎがダメな理由

ヨーグルトの食べ過ぎがダメな理由は

太りやすくなる
腸の調子が悪くなる

などのことが起こりやすくなってしまうからです。

太りやすくなる

ヨーグルトを食べ過ぎると太りやすくなるっていうのは、ヨーグルトには脂肪分も含まれています。

なので、ヨーグルトを食べ過ぎてしまうと高コレステロールになってしまい太りやすくなってしまいます。

腸の調子が悪くなる

ヨーグルトを食べ過ぎると腸の調子が悪くなるっていうのは、善玉菌が増えすぎてしまうからです。

確かにヨーグルトを食べて善玉菌が増えると腸内環境を整えていってくれます。

しかし、善玉菌が増えすぎてしまうと逆に腸の調子を悪くしてしまい便秘や下痢などの原因になってしまうので注意してください。

これらのことが、ヨーグルトを食べ過ぎてしまうと起こりやすくなってしまうので注意してください。

ヨーグルトを温めて食べるホットヨーグルトの効果ややり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ホットヨーグルトの効果と正しいやり方!

まとめ

ヨーグルトの効果とは?食べるおすすめのタイミングと注意点!について書いていきました。

ヨーグルトを食べることで乳酸菌を増やすことができて善玉菌が増えます。

それによって、腸内環境が整って腸の働きを良くしてくれて

・風邪をひきにくくなる
・便秘や下痢の解消
・肌が綺麗になる

などの効果を得ることができます。

そして、ヨーグルトは朝昼晩といつ食べてもいいのですが、より効果的なおすすめの食べるタイミングは

・食後に食べる
・夜の9時前までに食べる
・毎日継続して食べる

です。

ただし、ヨーグルトを1日に食べる摂取量は約200g程なので、それ以上に食べ過ぎてしまうと

・太りやすくなる
・腸の調子が悪くなる

などのことが起こりやすくなってしまうので注意してください。

ヨーグルトを食べて健康的に痩せるヨーグルトダイエットの正しいやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ヨーグルトダイエットが良い理由と正しいやり方!

ヨーグルトの正しい保存方法のやり方については、コチラの記事に書いてあります。

ヨーグルトを正しい保存方法と保存期間!

ヨーグルトが腐っているかどうかの簡単な見分け方や賞味期限が過ぎていても食べれるかなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ヨーグルトが腐っているか簡単な見分け方!

スポンサーリンク