ホットヨーグルトは効果があるの?

ホットヨーグルトは、ヨーグルトを温めてしまうとせっかくの乳酸菌やビフィズス菌が死滅してしまい効果が無くなってしまうのではないかと思ってしまいます。

そこで、ホットヨーグルトは効果があるのか

そして、ホットヨーグルトの正しい作り方やおすすめの食べ方などについて書いていきます。

あまりヨーグルトを温めてホットヨーグルトにして食べるっていうイメージがないで心配ですからね。

スポンサーリンク

ホットヨーグルトは効果あるの?

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているので食べると腸の働きが良くなり体に良い食べ物ですよね。

そんな体に良いヨーグルトですが、ヨーグルトを温めて食べるホットヨーグルトっていうものがあります。

でも、ヨーグルトを温めてしまうと、乳酸菌やビフィズス菌などが熱によって死滅してしまうので食べてもあまり効果はないんじゃないのかな?

って思ってしまいますよね。

しかし、実はホットヨーグルトは普通に冷たいヨーグルトを食べるよりも体に良い効果があるんです。

確かに乳酸菌やビフィズス菌は熱によって死滅してしまいますが、それは50℃以上の熱によってです。

なので、50℃以下でヨーグルトを温めてホットヨーグルトにすれば乳酸菌もビフィズス菌も熱で死滅することがないです。

冷たいヨーグルトよりも効果がある秘密

50℃以下でヨーグルトを温めれば乳酸菌もビフィズス菌も死滅しないっていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、でもいったいどうして冷たいヨーグルトよりもホットヨーグルトの方が体に良い効果があるのか

その秘密は、実は乳酸菌やビフィズス菌っていうのは、35~38℃くらいの体温ほどの暖かさの時に一番活発に活動してくれるからです。

なので、35~38℃くらに温めたホットヨーグルトを食べることによって、より元気な乳酸菌やビフィズス菌が腸の状態を良くしていってくれます。

更に、温かい食べ物を食べることによって体も温かくなりますよね。

体が温かくなると血液の循環も良くなるので、より腸の働きも良くなってきます。

これらのことが、35~38℃くらいの体温ほどのホットヨーグルトを食べることで起こるので

冷たいヨーグルトをそのまま食べるよりもより効果があります。

ヨーグルトを食べることで得られる効果や食べる時に注意してほしいことなどについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

ヨーグルトを食べることで得られる効果とは!

スポンサーリンク

ホットヨーグルトの正しい作り方

ホットヨーグルトは、35~38℃くらいの体温ほどにして食べると冷たいヨーグルトよりもより効果がアップするっていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、ホットヨーグルトの正しい作り方は

ヨーグルトを耐熱カップに入れる

サランラップを使わずにそのまま電子レンジに入れる

電子レンジで30~40秒ほど加熱する

電子レンジから取り出してよくかき混ぜる

です。

まずは、耐熱カップを準備してヨーグルトを入れます。

それから、サランラップなどはまかないでそのままの状態で電子レンジに入れて温めます。

この時に、先ほども書いたように35~38℃くらいにヨーグルトを温めなくてはいけないので

電子レンジに入れて温める時間は約30~40秒ほどです。

温め過ぎてしまうと、乳酸菌やビフィズス菌が死滅してしまうので注意してください。

後は、ヨーグルトをしっかりとスプーンなどでかき混ぜて食べてください。

ヨーグルトに砂糖やハチミツなどを入れて食べたい時は加熱する前に入れください。

これが、ホットヨーグルトの正しい作り方です。

ホットヨーグルトのおすすめの食べ方

ホットヨーグルトの正しい作り方についてはわかってもらえたと思います。

そこで、ホットヨーグルトのおすすめの食べ方は

朝に食べる
夜に食べる

のどちらかで、1日に1回食べることです。

朝に食べると良い効果

朝にホットヨーグルトを食べると良い効果っていうのは

寝起きの朝っていうのは、体温が低く腸などの内臓の働きも低下しています。

なので、朝にホットヨーグルトを食べることで、体が温まり血液の循環も良くなり腸の働きを活発にしてくれます。

腸の働きが活発になると、それだけ乳酸菌やビフィズス菌の効果で腸の状態を良くしていくことができます。

これが、ホットヨーグルトを朝に食べると良い効果です。

夜に食べると良い効果

夜にホットヨーグルトを食べると良い効果っていうのは

腸が一番活発に活動している時間帯は、夜の10時から深夜2時の間です。

なので、夜にホットヨーグルトを食べることで腸が一番活発になる時間帯に乳酸菌やビフィズス菌を腸に届けることができます。

更に、夜のホットヨーグルトを食べることでリラックス効果を得ることができるので寝やすい状態をうまく作り出していくことができます。

これが、ホットヨーグルトを夜に食べると良い効果です。

ヨーグルトダイエットがおすすめの理由や効果を高めるやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ヨーグルトダイエットの効果とやり方!

まとめ

ホットヨーグルトは効果あるの?正しい作り方とおすすめの食べ方!について書いていきました。

ホットヨーグルトは、35~38℃くらいの体温ほどに温めることで乳酸菌やビフィズス菌の働きを活発にすることができるので

冷たいヨーグルトをそのまま食べるよりも効果がアップします。

ホットヨーグルトの正しい作り方は、加熱し過ぎないようにサランラップを使わずにそのまま電子レンジで30~40秒ほど温めて作ってください。

そして、ホットヨーグルトのおすすめの食べ方は、朝に食べるか夜に食べるか1日に1回だけ食べるようにしてください。

ヨーグルトの正しい保存の仕方については、コチラの記事に書いてあります。

ヨーグルトの正しい保存の仕方!

ヨーグルトが腐っているか確認方法や賞味期限が過ぎると食べれないのかなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ヨーグルトが腐っているか確認する方法!

スポンサーリンク