トマトとミニトマトは何が違うのか

大きさの違いはわかるけど、食べた時の味の違いなどはあるのか

そして、トマトとミニトマトでは含まれている栄養素は違うのか

より栄養が高いのはどっちなのか

トマトとミニトマトの違いやおすすめの食べ方などについて書いていきます。

意外とトマトとミニトマトの違いってわからないですからね。

スポンサーリンク

トマトとミニトマトの違いは?

トマトとミニトマトの違いは、トマトよりも小さいサイズがミニトマトっていうのはわかりますよね。

ミニトマトは、プチトマトという言い方もあります。

しかし、トマトとミニトマトの違いは実は大きさだけの違いではなくて

食べた時の味や含まれている栄養素の量なども違います。

大きさの違い

トマトとミニトマトの違いで、真っ先に思いつくのが大きさの違いですよね。

トマトの大きさ

トマトの大きさは、一般的に約7~10cmほどの大きさで

重さは、約150~200gほどあります。

これが、普通のトマトの大きさです。

ミニトマトの大きさ

ミニトマトの大きさは、約3cm前後

重さは、30g未満

これが、ミニトマトと言われるトマトの大きさです。

味の違い

トマトとミニトマトは食べた時に味の違いもあります。

トマトの味

トマトの味は、甘みと酸味があります。

これは、トマトは水分を多く含んでいるからです。

ミニトマトの味

ミニトマトの味は、トマトと比べると甘みが強いです。

ミニトマトはトマトと比べると水分が少なく糖質が高いのでその分食べた時に甘みが強いです。

なので、トマトが苦手な人でもミニトマトは比較的食べやすいです。

これらが、トマトとミニトマトの大きさや味の違いです。

スポンサーリンク

トマトとミニトマトで栄養が高いのは?

トマトとミニトマトの大きさや味の違いについては、わかってもらえたと思います。

そして、トマトとミニトマトで一番気になるのが栄養素の違いですよね。

そこで、トマトとミニトマトで栄養が高いのは、ミニトマトです。

トマトもミニトマトも含まれている栄養素はほとんど同じです。

しかし、ミニトマトの方が大きさが小さい分、栄養素がギュッと含まれているので栄養が高いです。

先ほども書いたようにトマトには水分が多く含まれていますが

ミニトマトは水分がそれほど多くありません

なので、ミニトマトの方が、リコピンやビタミンCやカリウムなど栄養素が凝縮されているので

ミニトマトの方が栄養が高いです。

トマトとミニトマトのおすすめの食べ方

トマトとミニトマトは含まれている栄養素は同じだけど、栄養が高いのはミニトマトの方っていうのはわかってもらえたと思います。

トマトとミニトマトも色々な食べ方がありますよね。

自分の好きな食べ方で食べてもらっていいのですが、おすすめの食べ方は

皮も一緒に食べる
オリーブオイルにつけて食べる

です。

皮も一緒に食べる

トマトとミニトマトのおすすめの食べ方で、皮も一緒に食べるっていうのは

トマトもミニトマトも皮に多くの栄養素が含まれています。

なので、トマトもミニトマトも皮は剥かずに一緒に食べるようにしてください。

ただし、ミニトマトはトマトに比べると皮が少し固いので、切り刻んで食べた方がより早く栄養素を吸収することができておすすめです。

オリーブオイルにつけて食べる

トマトとミニトマトのおすすめの食べ方で、オリーブオイルにつけて食べるっていうのは

トマトやミニトマトに含まれているリコピンは、油に溶けやすい性質です。

なので、オリーブオイルなどにつけて食べた方がより吸収しやすいのでおすすめです。

そして、特に切ったトマトやミニトマトは断面が空気に触れると酸化しやすくなり栄養素が減少してしまいます。

なので、オリーブオイルなど油をトマトやミニトマトにつけることによって酸化を防ぐことができます。

これが、トマトやミニトマトのおすすめの食べ方です。

美味しいトマトの見分け方や長持ちさせる保存方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

美味しいトマトの見分け方のコツや保存方法!

まとめ

トマトとミニトマトの違いは?栄養が高いのは?おすすめの食べ方!について書いていきました。

トマトとミニトマトの違いは、大きさの違いだけじゃなくて

トマトの方が食べた時の味は、甘みと酸味がありますし

ミニトマトの方が食べた時に、甘みが強いです。

そして、トマトもミニトマトも含まれている栄養素はほとんど同じですが、ミニトマトの方がより栄養が高いです。

トマトもミニトマトもおすすめの食べ方は、皮ごと食べること

後は、オリーブオイルなど油につけて食べることでより栄養素をしっかりと吸収することができるのでおすすめです。

トマトが腐るとどのような状態になるのか、食べれるトマトかどうかの見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

トマトが腐った時の状態と食べれるか見分け方!

ミニトマトの黄色やオレンジ色など色の違いや特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

ミニトマトの色の違いや含まれている成分の特徴!

スポンサーリンク