トマトが腐るとどのような状態になるのか

トマトは、つい多めに買ってしまったりしてしまいますよね。

そして、保存しているのをついつい忘れてしまうことがあります。

保存している期間が長いと気になってしまうのがトマトが腐ってしまっているかどうかですよね。

そこで、トマトが腐るとどうなるのか腐ってしまったトマトの状態や

食べれるトマトかどうかの見分け方やトマトの日持ちの目安などについて書いていきます。

スポンサーリンク

トマトが腐るとどうなる?

トマトが腐るとどのような状態になってしまうのかというと

トマトが腐ると

汁が出てくる
黒く変色する
白カビが発生する
酸っぱい臭いがする
掴むと形が変形する

などの状態になってしまいます。

これらのような症状が一つでもある場合は、そのトマトは腐ってしまっていて食べることができないのですぐに捨てて処分してください。

トマトはとても水分が多くその水分から腐り始めてくることが多いです。

なので、トマトの表面から何か汁みたいなものが出てきてしまっている時は既に腐ってしまっています。

そして、トマトが腐ってくると段々とトマトの表面が部分的に黒く変色してきます。

更に、トマトは白カビが発生するので、トマトの表面に白カビが発生していると腐っています。

トマトは水分が多く柔らかいですが、手で持って掴んだ時にブヨブヨして柔らかすぎて形が変形して崩れる時は既に腐ってしまっています。

これらが、トマトが腐ってしまっている時の状態です。

トマトが腐りかけで食べれるか見分け方

トマトが腐るとどのような状態になってしまうかっていうのは、わかってもらえたと思います。

上記で書いたような完全に腐ってしまっている状態のトマトは食べることができませんが

腐りかけているトマトは食べることができるのか悩みますよね。

そこで、トマトが腐りかけで食べれるかどうかの見分け方の目安としては

・少し柔らかいトマトは食べれる
・シワが少しあるトマトは食べれる

などです。

少し柔らかいトマト

トマトは腐るとブヨブヨになって柔らかくなって形が崩れやすいです。

しかし、ブヨブヨまで柔らかくないけど少し柔らかい程度のトマトは、腐っているわけではなくて腐りかけのトマトです。

なので、すぐに食べる場合は食べることができます。

ただし、新鮮なトマトと比べると味や触感が落ちているのであまり美味しくはないです。

少し柔らかくなったトマトを食べるのは心配だなっていう場合は、生で食べずに加熱調理して食べるのがおすすめです。

スポンサーリンク

シワが少しあるトマト

トマトの表面に少しシワがあるトマトは、水分が蒸発している状態です。

シワシワになったトマトは食べることができませんが、少しシワがある程度の場合は腐っているわけではないので食べることができます。

少しシワがあるトマトを食べる時は、一度80℃くらいのお湯に入れてつけるとシワを無くすことができます。

これが、トマトが腐りかけで食べれるかどうかの見分け方です。

トマトが腐らない日持ちの目安

トマトが腐らない日持ちの目安は、カットしていない丸ごとの状態かカットした状態かによって違いますし

トマトの保存方法によっても違ってきます。

カットしていない丸ごとトマトの場合

カットしていない丸ごとトマトの場合の腐らない日持ちの目安としては

冷蔵保存した場合⇒約1週間

冷凍保存した場合⇒約3週間

常温保存した場合⇒約2~3日

ほどです。

ただし、常温保存の場合は直射日光が当たらず15~20℃ほどの涼しい場所で保存していた場合です。

夏などの暑い季節の場合は、約1日もつかどうかなので注意してください。

これが、カットしていない丸ごとトマトの場合の腐らない日持ちの目安です。

カットしたトマトの場合

カットしたトマトの腐らない日持ちの目安は

冷蔵保存した場合⇒約1~2日

冷凍保存した場合⇒約3週間

常温保存した場合⇒数時間

などです。

カットしたトマトは、カットしていない丸ごとトマトと比べると実が空気に触れることが多く

腐りやすく日持ちも短いので注意してください。

特に弁当などに入れる場合は、数時間しか持たないですし、しっかりと保冷剤なども入れて冷やしておいてください。

これが、カットしたトマトの腐らない日持ちの目安です。

美味しいトマトかどうかの見分け方のポイントや正しい保存方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

美味しいトマトを選ぶ時の見分け方や保存の仕方!

まとめ

トマトが腐るとどうなる?食べれるか見分け方!日持ちの目安!について書いていきました。

・汁が出てくる
・黒く変色する
・白カビが発生する
・酸っぱい臭いがする
・掴むと形が変形する

などの症状が一つでも出ている場合は、そのトマトは既に腐ってしまっているトマトで食べることができません

ただし、少し柔らかい程度や少しシワがあるトマトは、腐っている状態ではないので食べることができますが

腐りかけの状態なので、食べる場合は早急に食べるようにしてください。

トマトが腐らない日持ちの目安は、トマトの状態や保存状態によって違うので注意してください。

トマトとミニトマトは何が違うのか、より栄養素が高いのはどちらかなどについては、コチラの記事に書いてあります。

トマトとミニトマトって何が違う?より栄養があるのは!

ミニトマトの色の違いや食べた時の栄養効果の特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

ミニトマトの色の違いと栄養効果の特徴!

スポンサーリンク