美味しいトマトの見分け方のポイントはどこを見ればいいのか

スーパーなどでトマトを買う時はできるだけ美味しいトマトを選んで買いたいですよね。

そこで、美味しいトマトかどうかを簡単に見分けることができる美味しいトマトの見分け方のポイントや

美味しいトマトを長持ちさせる保存方法などについて書いていきます。

美味しいトマトは、しっかりと完熟していて栄養もたっぷりと含まれていますからね。

スポンサーリンク

美味しいトマトの見分け方のポイント

美味しいトマトの見分け方っていうのは、どこを見て選べばいいのかっていうのはわからないですよね。

美味しいトマトっていうのは

・しっかりと完熟しているトマト
・新鮮なトマト

です。

そこで、スーパーなどで売られているトマトの中から美味しいトマトの見分け方のポイントは

ヘタがピンとしている
全体がしっかりと赤くなっている
表面が張って固くなっている
白い斑点がなくツヤがある
お尻から白い線がしっかりと伸びている
重みがある
丸みを帯びている

かどうかを確認してください。

ヘタがピンとしている

美味しいトマトの見分け方のポイントで、ヘタがピンとしているっていうのは

トマトには上に緑色のヘタが生えていますよね。

そのヘタがピンとしている状態のトマトは新鮮なトマトで美味しいトマトです。

ヘタがしおれていたりするトマトは、出荷されてから少し日数が経っているトマトです。

なので、美味しいトマトを選びたい時は、ヘタがしおれていないピンとしているトマトを選んでください。

全体がしっかりと赤くなっている

美味しいトマトの見分け方のポイントで、全体がしっかりと赤くなっているっていうのは

トマトの全体がしっかりと赤くなっているトマトは、しっかりと完熟しているトマトで美味しいトマトです。

部分的にまだ赤くなく青っぽい部分があるトマトは、まだ完熟していないトマトです。

なので、美味しいトマトを選びたい時は、トマト全体がしっかりと赤くなっているトマトを選んでください。

表面が張って固くなっている

美味しいトマトの見分け方のポイントで、表面が張って固くなっているっていうのは

トマトが完熟していると、表面が張っていて固くなっています。

しかし、完熟してから日数が経ってくると実が水っぽくなってきて表面が段々と柔らかくなってきてしまいます。

なので、美味しいトマトを選びたい時は、表面が張って固くなっているトマトを選んでください。

白い斑点がなくツヤがある

美味しいトマトの見分け方のポイントで、白い斑点がなくツヤがあるっていうのは

トマトの表面がツルツルで綺麗でツヤがある状態のトマトを選んでください。

よくトマトの表面に白い小さな斑点などが多く出ているトマトがあります。

その白い小さな斑点は、気孔と言われる呼吸をする穴です。

白い小さな斑点が多くあるトマトは気孔が開いていて甘味が少し逃げてしまっています。

なので、美味しいトマトを選びたい時は、できるだけ白い小さな斑点がなくツヤのあるトマトを選んでください。

お尻から白い線がしっかりと伸びている

美味しいトマトの見分け方のポイントで、お尻から白い線がしっかりと伸びているっていうのは

トマトはお尻の部分から白い線が伸びています。

この白い線っていうのは、スターマークと言われている線です。

この白い線のスターマークがはっきりと出ていてしっかりと伸びている状態のトマトは濃度が高く甘いトマトです。

なので、美味しいトマトを選びたい時は、できるだけお尻から白い線がしっかりと伸びているトマトを選んでください。

重みがある

美味しいトマトの見分け方のポイントで、重みがあるっていうのは

重みがあるトマトは、実がしっかりと詰まっているトマトです。

なので、同じ大きさのトマトでも持った時に重みがある方のトマトの方が実がしっかりと詰まっていて美味しいトマトです。

丸みを帯びている

美味しいトマトの見分け方のポイントで、丸みを帯びているっていうのは

トマトの形がしっかりと全体的に丸みを帯びている状態は、完熟しているトマトです。

逆に少しデコボコしている状態のは、まだ完熟しきれていない状態です。

なので、美味しいトマトを選びたい時は、しっかりと全体が丸みを帯びているトマトを選ぶようにしてください。

これらが、美味しいトマトかどうかの見分け方のポイントです。

腐っているトマトの状態や食べれるかどうかの見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

トマトが腐っているか食べるかの見分け方!

スポンサーリンク

美味しいトマトのまま長持ちさせる保存方法

美味しいトマトの見分け方のポイントについては、わかってもらえたと思います。

トマトの保存方法には

・常温保存
・冷蔵保存
・冷凍保存

があります。

この3つの保存方法の中で、美味しいトマトのまま長持ちさせる保存方法は、冷蔵保存です。

5~10℃の温度の場所で保存しておくのが、トマトのベストの保存方法です。

ただし、まだ青っぽい部分があるトマトの場合は、常温保存することで赤い完熟トマトに追熟させることができますし

1週間以上トマトを保存しておきたい場合は、冷凍保存がおすすめです。

そこで、それぞれの美味しいトマトの保存方法について詳しく書いていきます。

冷蔵保存のやり方

美味しいトマトのまま長持ちさせる保存方法は、冷蔵保存が一番おすすめです。

そこで、美味しいトマトのまま長持ちさせる冷蔵保存のやり方は

トマトを一つずつキッチンペーパーに包む

トマト2~3個をビニール袋に入れて軽く袋を縛る

トマトのヘタが下になるように置く

野菜室に入れて保存する

です。

トマトを冷蔵保存する時は、まずはトマトを一つずつキッチンペーパーなどで包んでください。

キッチンペーパーで包むことで、冷蔵保存中にトマトが乾燥してしまうのを防いでいくことができます。

それから、ビニール袋にトマトを2~3個入れてビニール袋を軽く縛ってください。

ビニール袋にトマトを入れることによって、トマトから出てくるエチレンガスが他の野菜に移るのを防いでいくことができます。

トマトから出てくるエチレンガスは、他の野菜を早く熟れさせてしまうので注意してください。

そして、トマトを保存する時は、必ずヘタの部分を下にして置いてください。

トマトは水分を多く含んでいて重みで形が崩れやすいです。

なので、比較的皮が固いトマトのヘタの部分を下にすることによって形が崩れてしまうのを防いでいきます。

先ほども書いたようにトマトのベストの保存温度は、5~10℃です。

なので、冷蔵庫では少し温度が低いのでできるだけ野菜室に入れて冷蔵保存するようにしてください。

トマトを冷蔵保存することで、約1週間ほどトマトを美味しい状態で保存しておくことができます。

カットしたトマトの場合

上記で書いた冷蔵保存のやり方は、カットしていないトマトの冷蔵保存のやり方です。

そこで、半分などにカットしたりしたトマトの保存方法は

カットしたトマトをサランラップに包む

野菜室や冷蔵庫で保存するです。

これが、美味しいトマトのまま長持ちさせる冷蔵保存のやり方です。

常温保存のやり方

美味しいトマトのまま長持ちさせる保存方法で、常温保存するっていうのは

まだ完熟していない青っぽい部分があるトマトの場合の保存方法です。

トマトを常温保存することで、トマトを完熟させて美味しく食べれるようになります。

しかし、既に完熟している赤いトマトは常温保存せずに冷蔵保存するようにしてください。

そこで、美味しいトマトにする常温保存のやり方は

トマトを一つずつキッチンペーパーで包む

トマトのヘタを下にして重ならないようにカゴなどに入れる

直射日光が当たらない涼しい場所に置いて保存する

です。

トマトを常温保存する場合も、まずはトマトを一つずつキッチンペーパーなどで包んでください。

それから、カゴなどに入れて保存しておくのですが、その時にトマト同士が重ならないようにして

トマトのヘタが下になるようにして置いておいてください。

トマトを常温保存する場合でも、温度が15~20℃の涼しい場所で直射日光が当たらない冷暗所で保存してください。

トマトを常温保存することで、2~3日ほどで青っぽいトマトも赤く完熟したトマトになります。

そして、完熟したトマトは上記で書いたように冷蔵保存するようにしてください。

これが、美味しいトマトのまま長持ちさせる常温保存のやり方です。

冷凍保存のやり方

美味しいトマトのまま長持ちさせる保存方法で、冷凍保存するっていうのは

トマトは冷凍保存することで約3週間ほど保存しておくことができます。

そこで、美味しいトマトのまま長持ちさせる冷凍保存のやり方は

トマトのヘタ部分をくり抜く

トマトを綺麗に水洗いする

しっかりと表面の水を拭き取る

ジップロックなど密封できる容器に入れる

冷凍庫に入れる

です。

トマトを冷蔵保存する時は、まずはトマトのヘタ部分だけを綺麗に切り取ってくり抜いてください。

それから、トマトを丸ごと水洗いして表面を綺麗に洗います。

後は、表面の水滴などを綺麗に拭いてから密封できる容器に入れて冷凍保存してください。

これが、美味しいトマトのまま長持ちさせる冷凍保存のやり方です。

まとめ

美味しいトマトの見分け方のポイント!長持ちさせる保存方法!について書いていきました。

美味しいトマトの見分け方のポイントは

・ヘタがピンとしている
・全体がしっかりと赤くなっている
・表面が張って固くなっている
・白い斑点がなくツヤがある
・お尻から白い線がしっかりと伸びている
・重みがある
・丸みを帯びている

などを確認して選ぶことによって、完熟した新鮮な美味しいトマトを選ぶことができます。

そして、美味しいトマトのまま長持ちさせる保存方法は冷蔵保存することです。

ただし、まだ完熟していない青っぽい部分があるトマトは最初に常温保存することで完熟トマトに追熟させることができますし

トマトを長持ちさせたい場合は、冷凍保存しておくこともできます。

トマトとミニトマトは何が違うのか、どちらが栄養が高いのかなどについては、コチラの記事に書いてあります。

トマトとミニトマトは何が違いのか!

ミニトマトの色の違いについては、コチラの記事に書いてあります。

ミニトマトの色の違いと特徴!

スポンサーリンク