長芋は腐るとどのような状態になるのか

長芋は一回で全て使いきることがなかなかできなくて保存しておくことが多いですよね。

保存している期間が長いとどうしても長芋が腐ってしまうことがあります。

そこで、長芋は腐るとどのような状態になるのか

すりおろしたとろろが腐るとどのような状態になるのか

など、長芋は腐るとどうなるのか

そして、長芋をできるだけ長持ちさせる保存方法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

長芋は腐るとどうなる?

長芋は腐るとどのような状態になってしまうのか

長芋は元々皮が茶色かったりするので、腐っているのかどうかって見分けがつきにくいと思います。

そこで、長芋は腐るとどうなるのか

腐ってしまっている長芋の状態は

皮にカビが生えている
中が茶色く変色している
柔らかくなる
酸っぱい臭いがする

などです。

このような長芋の見た目や触った時や感触や臭いなどがする長芋は腐っているので食べることができません

皮にカビが生えている

長芋は腐ってくると皮にカビが生えてきてしまいます。

皮にカビが生えていても皮を剥いてしまえばいいのでは?って思いますが

皮を剥いても見た目にはカビが発生していないように見えてもカビの根っこや胞子などが長芋の実にもついてしまっていることが多いです。

なので、皮にカビが生えている長芋は中も腐ってきているので食べないでください。

中が茶色く変色している

長芋は腐ってくると中が茶色く変色してきます。

なので、長芋を切った時に中が茶色く変色していると腐っているので食べることができません

ただ、長芋を切ったりすりおろしたりして時間が経ってから少し赤っぽく変色するのは、酸化によってなので腐っているわけではありません

柔らかくなる

長芋は腐ってくると中がドロドロになって溶けてきます。

なので、長芋を触った時に柔らかくなっている長芋は腐っているので食べることができません

酸っぱい臭いがする

長芋は腐ってくると酸っぱい臭いがしてきます。

なので、長芋が酸っぱい臭いがしたり、何か異臭がする時は腐っているので食べることができません

これらが、長芋が既に腐っている時の状態です。

とろろ状態の場合

長芋が腐るとどのような状態になってしまうかっていうのは、わかってもらえたと思います。

そして、長芋をすりおろしてとろろにした時に、とろろが腐っている状態かどうかは

とろろが茶色く変色してしまう
とろろから酸っぱい異臭がする

などです。

長芋をすりおろしたとろろが、このような状態になってしまっている時は、そのとろろはもう腐っているので食べることができません

スポンサーリンク

長芋を長持ちさせる保存方法はコレ

長芋は腐るとどうなるっていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、長芋を腐らせずにできるだけ長持ちさせる保存方法は

・カットしていない丸ごとの長芋
・カットした長芋
・すりおろしたとろろ

で保存方法が違ってきます。

カットしていない丸ごとの長芋

カットしていない丸ごとの長芋を長持ちさせる保存方法には

・常温保存
・冷蔵保存

があります。

常温保存のやり方

カットしていない丸ごとの長芋の場合は、常温保存しておくことができます。

長芋を長持ちさせる常温保存のやり方は

長芋を新聞紙で包んでテープを貼る

直射日光が当たらない涼しい場所で保存する

です。

カットしてない丸ごとの長芋を常温保存する場合は、まずは長芋が乾燥しないように新聞紙に包みます。

この時に、長芋を水洗いせずに土などがついたままの状態で新聞紙に包んでテープを貼って密封させてください。

後は

直射日光が当たらない日陰
風通しがいい場所
温度が25℃以下の場所

に置いて保存しておいてください。

保存期間は、約2~3週間です。

これが、カットしていない丸ごとの長芋を常温保存で長持ちさせる方法です。

冷蔵保存のやり方

カットしていない丸ごとの長芋を長持ちさせる冷蔵保存のやり方は

長芋を新聞紙に包んでテープを貼る

ビニール袋に入れる

野菜室に入れて保存する

です。

カットしていない丸ごとの長芋を冷蔵保存する時もまずは、長芋を新聞紙に包んでテープを貼ります。

それから、ビニール袋に入れてください。

冷蔵保存すると長芋は冷気によって乾燥しやすくなってしまいます。

なので、ビニール袋に入れてできるだけ冷気が直接長芋に当たらないようにしておきます。

そして、冷蔵庫よりも少し温かい野菜室に入れて冷蔵保存するようにしてください。

これが、カットしていない丸ごとの長芋を長持ちさせる冷蔵保存のやり方です。

カットした長芋

カットしたりすりおろした残りの長芋の長持ちさせる保存方法は

・冷蔵保存
・冷凍保存

があります。

冷蔵保存のやり方

カットしたりすりおろした残りの長芋の長持ちさせる冷蔵保存のやり方は

長芋の切り口に酢を少しつける

長芋の切り口にサランラップを巻く

長芋を新聞紙で包む

野菜室に入れる

です。

カットしたりすりおろした残りの長芋を冷蔵保存する時は、まずは長芋の切り口に少し酢をつけてください。

長芋の実に酢を少しつけることで、長芋の切り口が酸化して赤く変色するのを防いでいくことができます。

それから、切り口をしっかりとサランラップで包んで空気に触れないようにします。

後は、新聞紙で長芋を包んでから野菜室に入れて冷蔵保存していきます。

保存期間は、約1週間ほどです。

これが、カットしたすりおろして残った長芋を長持ちさせる冷蔵保存のやり方です。

冷凍保存のやり方

カットしたりすりおろした残りの長芋を長持ちさせる冷凍保存のやり方は

長芋の皮を綺麗に剥く

適度な大きさにカットする

カットした長芋をサランラップで巻く

冷凍用保存袋に入れる

冷凍庫に入れる

です。

これが、カットしたりすりおろして残った長芋を長持ちさせる冷凍保存のやり方です。

保存期間は、約1カ月です。

すりおろしたとろろ

長芋をすりおろしたとろろを長持ちさせる保存方法は冷蔵保存です。

すりおろしたとろろを長持ちさせる冷蔵保存のやり方は

とろろに酢を数滴入れる

よくかき混ぜる

密封できる容器にとろろを入れる

冷蔵庫に入れる

です。

すりおろしたとろろを冷蔵保存するときは、まずとろろの中に酢を数滴入れてよくかき混ぜてください。

酢をとろろの中に入れることで、とろろが酸化して赤っぽくなるのを防ぐことができます。

それから、しっかりと密封できるジップロックなどにとろろを入れて冷蔵庫に入れて保存します。

保存期間は、約3日ほどです。

これらが、長芋を長持ちさせる保存方法です。

まとめ

長芋は腐るとどうなる?長持ちさせる保存方法はコレ!について書いていきました。

長芋は腐ると

・皮にカビが生えている
・中が茶色く変色している
・柔らかくなる
・酸っぱい臭いがする

などの状態になり食べることができません

長芋を長持ちさせる保存方法は

カットしていない丸ごとの長芋の場合は、常温保存か冷蔵保存

カットしたりすりおろした残りの長芋の場合は、冷蔵保存か冷凍保存

すりおろしたとろろの場合は冷蔵保存

です。

それぞれの保存方法にも正しいやり方があるので注意してください。

長芋が赤く変色した状態は食べれるのか、変色を防ぐ方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

長芋が赤く変色しても食べても大丈夫?防ぐコツは!

長芋は皮ごと食べることができるのか、皮をむく時に手が痒くなるのを防ぐコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

長芋を皮ごと食べる時の注意点と痒くならないむき方!

長芋と山芋の違いや新鮮で美味しい長芋や山芋の選び方などについては、コチラの記事に書いてあります。

長芋と山芋の違いと新鮮な選び方のコツ!

スポンサーリンク