台風の時の窓ガラス対策は、何をすればいいのか

台風の時に心配なのが家の窓ガラスが割れてしまうことですよね。

そこで、台風の窓ガラス対策として、自分でできる対策方法はどんなことか

そして、台風で窓ガラスがヒビ割れた時の応急処置などについて書いていきます。

窓にシャッターがついている時は、シャッターを閉めればいいですが

シャッターがついていない時は、台風の窓ガラス対策をしっかりと行っておいてください。

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策は?

台風の窓ガラス対策は、できるだけ窓ガラスが割れないようにすること

そして、窓ガラスが割れてしまった時にできるだけ割れたガラスが室内に飛び散らないようにすること

この2つが、台風の窓ガラス対策です。

そこで、台風の窓ガラス対策で一番効果的なのは、窓にシャッターをつけて閉めることです。

しかし、窓にシャッターが無い場合は困ってしまいますよね。

そこで、台風の窓ガラス対策として心がけてほしいことは

網戸を外す
外に置いてある物を片付ける
布のガムテープを窓ガラスの内側に貼る
段ボールを窓ガラスの内側に貼る
カーテンを閉める

などです。

網戸を外す

台風の窓ガラス対策で、網戸を外すっていうのは

窓ガラスが割れないようにする対策方法です。

網戸をつけたままの状態にしておくと、台風の強風で網戸が外れて窓ガラスに当たって割れてしまう危険があります。

なので、台風の時は網戸を外しておいてください。

外に置いてある物を片付ける

台風の窓ガラス対策で、外にある物を片付けるっていうのは

これも窓ガラスが割れないようにする対策方法です。

特に

・物干し竿
・植木鉢
・ゴミ箱
・ほうきやちりとり

など強風ですぐに飛ばされやすい物などですね。

台風の時に窓ガラスが割れてしまう原因として多いのが、こういった強風で飛ばされてしまった物が窓ガラスに当たってしまってです。

なので、外に置いてある物はしっかりと家の中にしまって片づけてください。

布のガムテープを窓ガラスの内側に貼る

台風の窓ガラス対策で、布のガムテープを窓ガラスの内側に貼るっていうのは

窓ガラスの補強ではなくて、窓ガラスが割れてしまった時に割れたガラスが室内に飛び散らないようにする対策です。

布のガムテープや養生テープを窓ガラスに貼っても窓ガラスの補強対策にはなりません

しかし、布のガムテープや養生テープなどを貼っておくことで、割れたガラスが飛び散ってしまうのを抑えていくことができます。

布のガムテープの貼り方

布のガムテープを窓ガラスに貼る時の貼り方は

ガラスの枠に沿って布のガムテープを貼る

ガラスの中心に縦方向と横方向に貼る

ガラスの対角に斜めに貼る

です。

このような感じですね。

段ボールを窓ガラスの内側に貼る

台風の窓ガラス対策で、段ボールを窓ガラスの内側に貼るっていうのは

これも窓ガラスが割れてしまった時のガラスの飛散対策です。

布のガムテープである程度ガラスの飛散を抑えることができますが

細かいガラスなどが飛び散ってしまいます。

なので、布のガムテープを窓ガラスの内側に貼った後に、今度は段ボールを窓ガラスの内側に貼ってください。

カーテンを閉める

台風の窓ガラス対策で、カーテンを閉めるっていうのは

これも窓ガラスが割れてしまった時のガラスの飛散対策です。

カーテンをしっかりと閉めておくことで、割れた窓ガラスが室内に飛び散ってしまうのを抑えていくことができます。

これが、台風の窓ガラス対策です。

スポンサーリンク

台風で窓ガラスがヒビ割れた時の応急処置はコレ

台風の窓ガラス対策については、わかってもらえたと思います。

台風の窓ガラス対策をしっかりとしていても台風の強風で窓ガラスがヒビ割れてしまうことがあります。

そこで、台風で窓ガラスがヒビ割れた時の応急処置について書いていきます。

台風で窓ガラスがヒビ割れた時は、すぐにガラス修理業者さんに連絡してください。

そして、ヒビ割れた窓ガラスを修理するまでの応急処置として

ヒビ割れた部分に布のガムテープを貼る

窓ガラスの内側にベニヤ板か段ボールを貼る

窓ガラスの外側にブルーシートを貼る

カーテンを閉めておく

です。

ヒビ割れてしまった窓ガラスをそのままの状態にしておくと

ヒビ割れが酷くなってしまったり、ガラスが割れて砕けてしまいます。

なので、まずはヒビ割れてしまった部分に布のガムテープなどを貼ってください。

それから、窓ガラスの内側にベニヤ板や段ボールなどを貼っておいてください。

ベニヤ板や段ボールを窓ガラスの内側に貼ることで、ガラスが割れてしまった時の飛散を抑えていくことができます。

それから、外に出れる状態の時は外に出てヒビ割れた窓ガラスの外側にブルーシートなどを貼ってください。

そして、最後にカーテンをしっかりと閉めておいてください。

これが、台風で窓ガラスがヒビ割れた時の応急処置です。

まとめ

台風の窓ガラス対策は?ヒビ割れた時の応急処置はコレ!について書いていきました。

台風の時の窓ガラス対策は

・できるだけ窓ガラスが割れないようにする
・割れたガラスが室内に飛び散らないようにする

ことです。

そのための対策方法として

・網戸を外す
・外に置いてある物を片付ける
・布のガムテープを窓ガラスの内側に貼る
・段ボールを窓ガラスの内側に貼る
・カーテンを閉める

などをしっかりと行ってください。

そして、台風で窓ガラスがヒビ割れた時の応急処置として

・ヒビ割れた部分に布のガムテープを貼る
・窓ガラスの内側にベニヤ板か段ボールを貼る
・窓ガラスの外側にブルーシートを貼る
・カーテンを閉めておく

などをガラス修理業者さんがガラスを修理するまでの間やっておいてください。

台風の時に自転車が飛ばされたり倒れたりしないようにする自転車対策については、コチラの記事に書いてあります。

台風の時の自転車の保管方法!

台風から車を守るための簡単な対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

台風の時の車対策でやっておくこと!

台風対策で最低限やっておいてほしい準備しておくことについては、コチラの記事に書いてあります。

台風が来る時に最低限しておく準備とは!

スポンサーリンク