就職祝いのお返しは必要なのかな?

就職したのを祝って、両親や祖父母や親戚などから就職祝いを頂いた時に

就職祝いのお返しは必要なのかやった方がいいのかっていうのは悩みますよね。

そこで、就職祝いのお返しは必要なのか

就職祝いのお返しをする時の相場やおすすめの品物

そして、就職祝いのお返しのおすすめの返し方などについて書いていきます。

学生とは違い、就職して社会人になったので丁寧に対応したいですからね。

スポンサーリンク

就職祝いのお返しは必要?

就職祝いのお返しは必要なのかどうかっていうのは悩みますよね。

そこで、基本的に就職祝いのお返しはする必要はありません

就職祝いは、これから社会人として頑張っていってくださいという気持ちや

新しい生活に役立ててほしいという意味合いなどで、就職祝いを贈っています。

なので、就職祝いのお返しは基本的には必要ありません

就職祝いを頂いた時にしっかりと相手にお礼を言うだけでいいですし

頂いた時にお礼が言えなかった場合は、当日か遅くても2~3日以内に電話やメールなどでお礼を伝えるだけで十分です。

ただ、必要はないといってもきっちりと就職祝いのお返しをしたい場合は

「就職内祝い」という形でお返しをするとより喜んでもらえます。

就職祝いのお返しの相場は?

就職祝いのお返しは基本的には必要ないですが、お返しをすることで喜んでもらえるっていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、就職祝いのお返しをする時に悩むのが金額の相場ですよね。

就職祝いのお返しの相場は、頂いた金額の半分~三分の一程度の金額がだいたいの目安です。

ただ、両親や祖父母などからの就職祝いは3万円~5万円など金額が高いことがありますよね。

そういった頂いた金額が多い時は、3千円~5千円など自分で出せる範囲で十分です。

逆に、就職祝いのお返しの金額が多いと贈った相手も困ってしまうので自分が無理せずに出せる金額で大丈夫です。

就職祝いのお返しにおすすめの品物は?

就職祝いのお返しの金額の相場については、わかってもらえたと思います。

そして、就職祝いのお返しはどんな品物がいいのかも悩んでしまいますよね。

そこで、就職祝いのお返しにおすすめの品物について、贈る相手別に参考として紹介します。

スポンサーリンク

両親へのお返しの品物

両親への就職祝いのお返しにおすすめの品物としては、食事などに連れていってあげることです。

家族で食事とかはよく行きますが、食事代とかは今まで親が出してくれていましたよね。

それを、就職祝いのお返しとして、両親を食事に誘って自分が食事代などを払ってあげます。

いつもよりも少しオシャレなお店での食事がおすすめですね。

祖父母へのお返しの品物

祖父母への就職祝いのお返しにおすすめの品物としては

食事などに連れていってあげる
お菓子

などですね。

祖父母への就職祝いのお返しにおすすめの品物も、両親の場合と同じで一緒に食事に連れていってあげることです。

後は、お菓子など少し高価な食べ物などを贈るのもおすすめです。

お菓子など品物を贈る場合は、手紙なども一緒に添えて贈るとより喜んでもらえます。

親戚へのお返しの品物

親戚などへの就職祝いのお返しにおすすめの品物としては

タオルセット
ギフトカタログ

などです。

親戚などへの就職祝いのお返しには、いつでも使うことができるタオルセットや

好きな商品を自分で選ぶことができるギフトカタログなどがおすすめの品物です。

就職祝いのおすすめの返し方

就職祝いのお返しをする時のおすすめの返し方としては

・贈る時期
・のしの書き方
・渡し方

などがあります。

贈る時期

就職祝いのおすすめの返し方で贈る時期っていうのは、就職祝いを頂いてもすぐにお返しする必要はあります。

先ほども書いたように、就職祝いを頂いた時は、まずはすぐにお礼を伝えているので急ぐ必要はありません

おすすめの就職祝いのお返しを贈る時期としては

初任給をもらった時
ボーナスをもらった時

などです。

就職して給料やボーナスをもらったタイミングで就職祝いのお返しをしてください。

のしの書き方

就職祝いのおすすめの返し方で、のしの書き方っていうのは

紅白の蝶結びの水引の上に

「御礼」もしくは「御挨拶」もしくは「内祝」などを書く

紅白の蝶結びの水引の下に

自分の名前をフルネームで書いてください。

渡し方

就職祝いのおすすめの返し方で、渡し方っていうのは

直接、手渡しで渡せる場合は手渡しで渡してください。

遠方などに住んでいて手渡しできない場合は、郵送で送っても大丈夫ですし

実家に帰省した時などのタイミングで直接手渡しで渡しても大丈夫です。

これが、就職祝いのおすすめの返し方です。

就職祝いのお返しのお礼状の書き方や品物に添える手紙の書き方などについては、コチラの記事に書いてあります。

就職祝いのお返しのお礼状などの書き方!

まとめ

就職祝いのお返しは必要?相場や品物は?おすすめの返し方!について書いていきました。

就職祝いのお返しは基本的には必要ありません

でも、しっかりとお返しをした方が、社会人として頑張っているなって喜んでもらえます。

就職祝いのお返しの相場は、就職祝いを頂いた金額の半分から三分の一程度でいいですし

自分が無理せずにできる範囲の金額で十分です。

両親や祖父母などへの就職祝いのお返しは、食事などに連れていってあげるのが一番喜んでもらえますし

親戚などの場合は、タオルなどの品物がおすすめです。

就職祝いのおすすめの返し方は、初任給やボーナスなどをもらったタイミングで行い

のしの書き方は、「御礼」「御挨拶」「内祝」と自分の名前をフルネームで書いてください。

就職祝いの相場や贈り方のマナーなどについては、コチラの記事に書いてあります。

就職祝いの金額の相場や贈り方!

引っ越し祝いのお返しのやり方で相場やマナーなどについては、コチラの記事に書いてあります。

引っ越し祝いのお返しのやり方とマナー!

商品券などをお祝いのお返しで送りたい時の安全な送り方などについては、コチラの記事に書いてあります。

商品券などの安全な発送方法はコレ!

スポンサーリンク