会社の飲み会は嫌で参加したくないけど、参加しなくてはいけない

会社の飲み会は、友達同士や合コンなどと違って、上司や先輩達と話さなくてはいけないですし

特にお酒が入ると、あれこれうるさいめんどくさい人などがいて、全然楽しくないことが多いですよね。

でも会費を払って、自分の大切な時間とお金を会社の飲み会に使っているのだから、どうせならば少しでも楽しみたいですよね。

そこで、会社の飲み会を少しでも楽しむ為の方法について書いていきます。

スポンサーリンク

会社の飲み会が楽しくない理由

会社の飲み会が楽しくない参加したくない理由は色々あります。

でも、とても多くの人が参加したくない楽しくないと思っている感じている理由として

めんどくさい人がいる
何を話していいかわからない
誰と話していいかわからない
失礼なことを言いそうで怖い
拘束時間が長い

この5つのことが多いです。

めんどくさい人がいる

会社の飲み会に参加したくない楽しくない理由で一番なのが、めんどくさい人がいることです。

仕事の愚痴をひたすら言う人
説教をずっとしてくる人

など、自分を正当化して色々と横に座った人にひたすら、聞きたくもない話を延々としてくる

会社の飲み会じゃなかったら、すぐにそんな人がいたら帰るけど、上司や先輩などだと話をずっと聞いていなくてはいけないですからね。

何を話していいかわからない

友達同士などの飲み会だと、どんなことを話てもいいですが、会社の上司や先輩だと、年齢も違うし感覚も違うので何を話していいかわからないでし

あんまり自分のことをベラベラと話すのも嫌ですしね。

誰と話していいかわからない

2~3人だとみんなと話せるけど、会社の飲み会っていうのは多くの人がいます。

そうなってくると、特定の人とばかり話しているのはダメなんじゃないかなって思ってしまったり

そうかといって、全然話をしたことがない上司や先輩などと話さなくてはいけないし

自分は誰と話せばいいのかわからなくて、一人でいる辛い時間が長くなってしまうことが多い

失礼なことを言いそうで怖い

飲み会となるとお酒が入ってくると、思わず汚い言葉が出てしまったり、先輩や上司を思わず呼び捨てで呼んでしまったりして

ついつい失礼なことを言いそうで、それが会社の人間関係などに影響しそうで怖い

拘束時間が長い

会社の飲み会って一次会の後に、二次会に誘われることが多いです。

でも、正直いって二次会などには参加したくないのに、なかなか断りずらくて参加しなくてはいけなくて拘束される時間が長くなってしまうことが多くて困ってしまいます。

スポンサーリンク

会社の飲み会を楽しむ5つの方法

会社の飲み会が楽しくなくて参加したくないと思っている理由については、共感してもらえることが多いと思います。

そこで、そんな楽しくない参加したくないと思っている会社の飲み会を、少しでも楽しむ為の方法というかコツとして

めんどくさい人との話し方
話す内容がない時は質問を多くする
自分が話したい人や話してみたい人と話す
愚痴や悪口を話さない
二次会には行かずに断る

がおすすめです。

めんどくさい人との話し方

愚痴や説教など色々とずっと話してくるめんどくさい人といる時間を短くすることによって、会社の飲み会も楽しくなりますよね。

そこで、愚痴や説教ばかりずっとしてくるめんどくさい人との話し方のコツや逃げ方として

適当に相槌だけをうつ
タイミングをみて席を立つ
説教がうるさい人は適当に褒めておく

です。

適当に相槌だけをうつ

適当に相槌だけをうつっていうのは、色々と愚痴や説教などをひたすら話してくる人は、とにかく自分が正しいと周りの人達に理解してほしいだけのことが多いです。

なので、言葉は悪いですが適当に「はい、そうですね」「うん、その気持ちわかりますよ」などの相槌をうっておくだけでいいと思います。

無視したり、反論などすると余計にエスカレートしてしまうので、しっかりと話しを聞いていますよっていう感じで、聞き流すのが一番です。

タイミングをみて席を立つ

タイミングをみて席を立つっていうのは、ある程度相槌をうっていても、話が終わらない時は、ずっとエンドレスに話が続いてしまいます。

なので、トイレに行く振りをしたりして、めんどくさい人のとなりから一旦離れてください。

そうするとこによって、今度は違う人に話始めてくれます。

そして、トイレから戻ってきた後は、別の席に座って違う人と話すようにしてください。

また、同じ席に戻ってしまうとめんどくさい話をまた自分が聞かなくてはいけないですからね。

説教がうるさい人は適当に褒める

説教がうるさい人は適当に褒めるっていうのは、自分に対して色々と説教をしてくるめんどくさい人は、反論すると余計に説教が酷くなってしまいます。

なので、反論せずに、「~さんは、しっかりと仕事をしていますね」「ミスをせずに凄いですね」など、その人を褒めるようにしてください。

褒めることによって、自分の意見を理解してもらっていると感じて怒りが収まってくることが多いです。

その怒りが収まってきた時に、トイレなどに行って席を離れるようにしてください。

話す内容がない時は質問を多くする

どんな話をすればいいのか、話す内容がなくて困っている時は、とにかく色々な質問をするようにします。

趣味とかはありますか
家ではどんなことをしていますか
子供さんは何をしていますか

など、どんなことでもいいので、色々と相手に質問するようにします。

質問されることによって、相手も自分に興味を持ってくれているんだと思ってくれますし楽しく色々な質問に答えてくれます。

その中で、自分が興味あると感じたことや好きな物などがあると、その話題について深く話していくことができます。

更に、ずっと質問することによって、自分のことをあまり話さなくてもいいので、嫌な話題などを避けることができます。

自分が話したい人や話してみたい人と話す

会社の飲み会って色々な人と話さなくてはいけないと感じてしまいます。

確かに上司や先輩などとも話しをするのが一番いいのですが、最初は自分が話したい人や話してみたいと思っている人と話しても全然大丈夫です。

そこで楽しい感じで話していると、自然とその輪の中に色々な人が入ってきてくれます。

自分が苦手だな?話づらいな?って思っている人でも、大勢で話していることによってあまり意識せずに話すことができます。

そして、気になる人と話すことができるチャンスができると思うと嫌な会社の飲み会も楽しく感じることができますからね。

愚痴や悪口は言わない

愚痴や悪口は言わないっていうのは、会社の飲み会っていうとどうしても会社の話が多くなってしまいます。

会社の話自体はいいのですが、愚痴や悪口って基本的に上司や先輩などのことになってしまうことが多いです。

そうなると、思わず失礼な言葉を発してしまい人間関係が悪くなってしまいますし、周りの空気も悪くなっていき楽しくなくなってしまいます。

なので、できるだけ会社や仕事に対する愚痴や悪口は話さないようにしてください。

二次会には行かずに断る

会社の飲み会で二次会に誘われることが多いと思います。

そして、断ったら失礼かなと思ってしまうことも多いですが、ちゃんと飲み会自体には参加しているので無理に参加する必要はないです。

普通に、時間も遅いのでこのまま帰りますって感じで断ってください。

それでも、なんやかんやと毎回二次会にも参加しろって言われる場合は、最初に二次会には参加しませんと断っておくのがいいです。

会社の二次会や途中で帰りたい時の上手い言い訳や理由などについては、コチラの記事に書いてあります。

会社の飲み会を途中で上手く帰る方法!

まとめ

会社の飲み会を楽しむ方法!上司や先輩と上手く話すコツ!について書いていきました。

会社の飲み会は、友達同士の飲み会と違って、楽しくないことがとても多いです。

そんな楽しくない会社の飲み会を少しでも楽しむ方法は

めんどくさい人の話は、適当に相槌をうって受け流しながら席を離れて別の席に移ったり

なるべく相手に自分から色々と質問をして、その中から少しでも会話をしていくようにしたり

話しやすい上司や先輩などと話したり

自分からは、会社や仕事の愚痴や悪口はあまり言わないようにするようにしてください。

そして、二次会など行きたくない場合は、全然断っても大丈夫なので無理に参加しないようにしてください。

それでも、会社の飲み会には参加したくない場合の上手い会社の飲み会を断る言い訳や断り方などについては、コチラの記事に書いてあります。

会社の飲み会を上手く断る方法と対策!

スポンサーリンク