ホットカーペットのフローリングの敷き方はどうする?

ホットカーペットのフローリングの結露対策はどうする?

ホットカーペットをフローリングに敷く時ってそのまま直置きしても大丈夫なのか悩みますよね。

そこで、ホットカーペットのフローリングの敷き方や

ホットカーペットをフローリングに敷いた時の結露対策などについて書いていきます。

ホットカーペットをフローリングに敷く時は色々と気をつけなくてはいけないことがありますからね。

スポンサーリンク

ホットカーペットのフローリングの敷き方は?

ホットカーペットのフローリングの敷き方はどうすればいいの?

ホットカーペットは、寒い冬の季節などには欠かせない暖房アイテムですよね。

ホットカーペットをつければ床が温かくなりますからね。

そんな、ホットカーペットですがフローリングに敷く時は、そのまま直置きしても大丈夫なのか悩みますよね。

そこで、ホットカーペットのフローリングの敷き方はどうすればいいのかっていうと

ホットカーペットを直接直置きするのは絶対に止めて、必ずシートなどを敷いてその上にホットカーペットを敷いてください

ホットカーペットをフローリングに直置きしてしまうと色々な問題が起きてしまいます。

直置きがダメな理由

ホットカーペットのフローリングの敷き方で、直置きがダメな理由っていうのは

ホットカーペットをフローリングに直置きしてしまうと

床が結露する
床が変色する
床が変形する
ホットカーペットが壊れる

などのことが起こってしまうことがあるからです。

床が結露する

ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で、床が結露するっていうのは

ホットカーペットをつけると50℃前後の熱を出して熱くなります。

フローリングの床は冷たいので、床との温度差が大きくなってしまいます。

温度差が大きくなってしまうと、自然と床が結露してしまいます。

これが、ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で床が結露するです。

床が変色する

ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で、床が変色するっていうのは

フローリングの床は木の素材で作られていますよね。

木の素材は熱を多く感じてしまうと熱によって変色しやすくなってしまいます。

これが、ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で床が変色するです。

床が変形する

ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で、床が変形するっていうのは

フローリングの床の木の素材は、熱を長時間ずっと感じてしまっていると

段々と木材が乾燥してきてしまいます。

木材が乾燥してしまうと、木材が反ってしまったり割れてしまったりなどして変形しやすくなってしまいます。

これが、ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で床が変形するです。

ホットカーペットが壊れる

ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由で、ホットカーペットが壊れるっていうのは

床の結露が酷くなってしまうと、ホットカーペットもベショベショに濡れてしまいます。

ホットカーペットの裏がベショベショに濡れてしまうと、ホットカーペットが壊れてしまうことがあります。

これが、ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由でホットカーペットが壊れるです。

これらが、ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由です。

下に敷くおすすめの敷き物

ホットカーペットのフローリングの直置きがダメな理由については、わかってもらえたと思います。

そこで、じゃいったいホットカーペットをフローリングに敷く時に下にどんな敷き物を敷くのがいいのかっていうと

ホットカーペットをフローリングに敷く時におすすめの敷き物は、アルミ断熱シートです。

アルミ断熱シートを敷くことによって、ホットカーペットの熱を吸収してくれるので

フローリングの床にホットカーペットの熱が伝わりにくくなります。

そうすることで、フローリングの床が結露したり変色したり変形したりするのを防いでいくことができます。

これが、ホットカーペットをフローリングに敷く時におすすめの敷き物です。

ホットカーペット専用のアルミ断熱シートもあるので、それをホットカーペットの下に敷いてください。

これらが、ホットカーペットのフローリングの敷き方です。

スポンサーリンク

ホットカーペットのフローリングの結露対策は?

ホットカーペットのフローリングの敷き方については、わかってもらえたと思います。

しかし、ホットカーペットをフローリングに敷いているとどうしても結露してしまうことがあります。

そこで、ホットカーペットのフローリングの結露対策はどうすればいいのかっていうと

ホットカーペットのフローリングの結露対策は

アルミ断熱マットを敷く
電源を切ったらホットカーペットをめくる
ホットカーペットの上に重たい物を置かない
フローリングを乾拭きする

などです。

アルミ断熱マットを敷く

ホットカーペットのフローリングの結露対策で、アルミ断熱マットを敷くっていうのは

アルミ断熱マットは、アルミ断熱シートよりも厚みがあります。

厚みがあるっていうことは、それだけホットカーペットとフローリングの間が広くなります。

そうなると、アルミ断熱マットを敷くことでよりホットカーペットの熱と床の冷気をシャットダウンすることができます。

それによって、結露をより防いでいくことができます。

これが、ホットカーペットのフローリングの結露対策でアルミ断熱マットを敷くです。

電源を切ったらホットカーペットをめくる

ホットカーペットのフローリングの結露対策で、電源を切ったらホットカーペットをめくるっていうのは

ホットカーペットの電源を切った時に、ホットカーペットをめくることで空気を当てて乾燥させていくことができます。

乾燥することで湿気がこもるのを防いでいくことができるので結露するのを防いでいくことができます。

これが、ホットカーペットのフローリングの結露対策で電源を切ったらホットカーペットをめくるです。

ホットカーペットの上に重たい物を置かない

ホットカーペットのフローリングの結露対策で、ホットカーペットの上に重たい物を置かないっていうのは

ホットカーペットの上に重たい物を置いてしまうと、その部分だけ高温になりますし

換気ができなくて湿気が溜まりやすくなり結露しやすくなってしまいます。

なので、ホットカーペットの上に重たい物を置かないようにしてください。

これが、ホットカーペットのフローリングの結露対策でホットカーペットの上に重たい物を置かないです。

フローリングを乾拭きする

ホットカーペットのフローリングの結露対策でフローリングを乾拭きするっていうのは

フローリングをこまめに乾拭きすることで、フローリングをしっかりと乾燥させていくことができます。

それによって、結露を防いでいくことができます。

これが、ホットカーペットのフローリングの結露対策でフローリングを乾拭きするです。

これらが、ホットカーペットのフローリングの結露対策です。

まとめ

ホットカーペットのフローリングの敷き方は?結露対策は?について書いていきました。

ホットカーペットのフローリングの敷き方は、直接直置きしないで間にアルミ断熱シートなどを敷いてください。

ホットカーペットのフローリングの結露対策は

・アルミ断熱マットを敷く
・電源を切ったらホットカーペットをめくる
・ホットカーペットの上に重たい物を置かない
・フローリングを乾拭きする

などです。

ホットカーペットは家で洗濯できるのか臭いの取り方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ホットカーペットの家での洗い方と臭い取り!

カーペットにコーヒーなどをこぼした時の拭き取り方とシミ取りの対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

カーペットにコーヒーをこぼした時の対処法!

スポンサーリンク