鼻毛に白髪が多い原因は、メラニン色素が不足してしまっているからです。

メラニン色素が不足してしまう原因は、加齢によって自然と減少していってしまうこともありますが、ストレスや生活習慣の乱れが原因になってしまっていることも多いです。

そこで、どうして鼻毛に白髪が多くなってしまうのか

なぜメラニン色素が不足していってしまうのか

そして、鼻毛に白髪が増えてしまうのを予防していく為に必要な生活習慣の改善や対策方法について書いていきます。

鼻毛が多いのもショックですが、白髪になっていると精神的ダメージも大きいですからね。

スポンサーリンク

鼻毛に白髪が多い原因はメラニン色素不足

鼻毛で気になることっていうと、鼻毛が伸びるのが早くて鼻毛が出てしまっていることもありますが、鼻毛がいつの間にか白髪になってしまっているのを発見してしまうこともありますよね。

一本だけでもショックなのに、何本も白髪になってしまっているって鼻毛チェックをした時に落ち込んでしまっている人は、実はかなり多いです。

そこで、いったいどうして鼻毛が白髪になってしまうのか、その原因になってしまっているのは、メラニン色素の量が少なくなって不足してしまっているからです。

鼻毛は、髪の毛と同じで日本人の場合は黒色です。

それは、メラニン色素が鼻毛や髪の毛に色をつけていってくれているからです。

そのメラニン色素が不足してしまうと鼻毛が白髪になってしまいます。

メラニン色素の役割と分泌量が減少する仕組み

メラニン色素の役割っていうのは、鼻毛や髪の毛っていうのは、生え始めた時っていうのは色がついていません

それが成長して伸びていく過程で、メラニン色素が中に含まれていくことによって黒く色がついていきます。

このメラニン色素が分泌される仕組みは

メラノサイト(メラニン細胞)という場所で作られて分泌されます。

このメラノサイト(メラニン細胞)は、血液に含まれている栄養素や酸素をいっぱいもらうことによって活発に働いてくれます。

そして、メラノサイト(メラノ細胞)でメラニン色素を作り出していく時に

チロシン
チロシナーゼ
ミネラル

などの栄養素が必要になってきます。

メラニン色素を多く分泌させていくには

血行を良くする

メラノサイト(メラニン細胞)を活発にさせる

チロシンやチロシナーゼやミネラルをしっかりと与える

ことが重要になってきます。

しかし

血液の流れが悪くなってしまう
メラノサイト(メラニン細胞)の活動が低下する
チロシンやチロシナーゼやミネラルが不足する

などのことが起こってしまうと

メラニン色素の分泌量が低下してしまい減少して、鼻毛に白髪が多くなり増えていってしまう原因になってしまいます。

スポンサーリンク

鼻毛が白髪になってしまう5つの原因

鼻毛が白髪になってしまう原因は、メラニン色素が不足してしまい黒く色をつけていくことができなくなってしまっているっていうことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、そんなメラニン色素が少なくなって白髪になってしまう大きな5つの原因として

加齢によって
ストレスによって
睡眠不足によって
食生活の乱れによって
タバコの喫煙によって

などです。

加齢によって鼻毛が白髪になる原因

加齢によって白髪が鼻毛になる原因っていうのは、40代を過ぎたくらいから加齢によって自然と

メラノサイト(メラニン細胞)の活動の低下
血液の循環が悪くなる

などのことが起こってしまいメラニン色素が減少して鼻毛が白髪になりやすくなってしまいます。

ストレスによって鼻毛が白髪になる原因

ストレスによって鼻毛が白髪になる原因っていうのは、ストレスを多く受けてしまうと

血液の流れが悪くなる
チロシンが少なくなる
チロシナーゼが少なくなる

などのことが起こってしまいます。

ストレスで血液の流れが悪くなる

肉体的ストレスや精神的ストレスなど多くのストレスを受けてしまっている時っていうのは、体に力が自然と入ってしまっていて、自律神経が乱れてしまっていて血管が委縮してしまっています。

この血管の委縮によって、血液の流れが悪くなってしまいます。

ストレスでチロシンが少なくなる

ストレスでチロシンが少なくなるっていうのは、ストレスを受けている時っていうのは、そのストレスに対抗しようとして、体は自然とアドレナリンなどを多く分泌しています。

このアドレナリンが多く分泌されるとチロシンが少なくなってしまいます。

ストレスでチロシナーゼが少なくなる

ストレスでチロシナーゼが少なくなるっていうのは、ストレスを受けている時っていうのは、先ほど書いたアドレナリンと一緒に、抗ストレスホルモンと言われるコルチゾールも多く分泌されます。

このコルチゾールが多く分泌されるとチロシナーゼが少なくなってしまいます。

これらのことによって、ストレスを多く受けてしまっている状態が長く続いてしまうとメラニン色素が不足して鼻毛に白髪が多くなってしまいます。

睡眠不足によって鼻毛が白髪になる原因

睡眠不足によって鼻毛が白髪になる原因っていうのは、睡眠不足によって

血液の流れが悪くなる
成長ホルモンの分泌量が減る

ことによってメラニン色素が不足してしまい鼻毛が白髪になってしまいます。

睡眠不足で血液の流れが悪くなる

睡眠不足によって血液の流れが悪くなるっていうのは、睡眠不足によって疲労回復ができなくなってしまい体や脳がストレスを上手く解消していくことができなくなってしまいます。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌量が減る

睡眠不足で成長ホルモンの分泌量が減るっていうのは、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうとメラノサイト(メラニン細胞)の働きが悪くなってしまいます。

成長ホルモンっていうのは、睡眠中に多く分泌されるホルモンなので、寝不足の状態が続いてしまうと成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

食生活の乱れによって鼻毛が白髪になる原因

食生活の乱れによって鼻毛が白髪になる原因っていうのは食生活の乱れによって

血液の流れが悪くなる
チロシンやチロシナーゼやミネラルの不足

などが起こってしまい鼻毛が白髪になってしまいます。

食生活の乱れで血液の流れが悪くなる

食生活の乱れで血液の流れが悪くなるっていうのは、脂っこい食べ物やジャンクフードなどを偏って食べてしまっていることです。

脂っこい食べ物やジャンクフードなどを食べ過ぎてしまっていると、血液がドロドロになってしまい血液の循環が悪くなってしまいます。

食生活の乱れでチロシンやチロシナーゼやミネラルが不足する

食生活の乱れでチロシンやチロシナーゼやミネラルが不足するっていうのは、上記で書いた偏った食べ物ばかり食べていたり、ダイエットなどあまり栄養素を上手く摂取していかなかったりなどです。

このような食生活を続けていると、食べ物からチロシンやチロシナーゼやミネラルなどを摂取して体内で作り出していくことが出来なくなってしまいます。

タバコの喫煙によって鼻毛が白髪になる原因

タバコの喫煙によって鼻毛が白髪になる原因っていうのは、タバコの喫煙によってニコチンなどの影響によって

血管が細くなってしまい血液の流れが悪くなってしまいます。

血液の流れが悪くなってしまうことによって、鼻毛が白髪になってしまいます。

そして、タバコの喫煙は鼻毛が早く伸びてしまう大きな原因にもなってしまいます。

鼻毛が白髪になった時の対処法

鼻毛が白髪になってしまう加齢や生活習慣の乱れなどいついては、わかってもらえたと思います。

そこで、鼻毛が白髪になってしまっているのを発見した時っていうのは、すぐに白髪になっている鼻毛を抜いてしまいたいと思いますよね。

しかし、白髪になってしまっている鼻毛を抜いても、また同じように白髪が生えてきてしまうだけです。

更に、白髪になっている鼻毛は、普通の鼻毛と同じなので、無理やり引っこ抜いてしまうと鼻の粘膜などを傷つけてしまいます。

なので、鼻毛が白髪になった時の正しい対処法としては

鼻毛を切る
鼻毛が白髪にならない対策をとっていく

ことです。

鼻毛の正しい処理方法についてはコチラの記事に書いてあります。

鼻毛を処理方法と切り方!

鼻毛が白髪にならない予防対策の生活習慣の改善

鼻毛が白髪になってしまうのは、メラニン色素が不足してしまっているからです。

なので、鼻毛が白髪にならないように生えてこないようにする為の予防対策方法は、メラニン色素を上手く分泌させていくことです。

その為には

血行を良くしていくこと
メラノサイト(メラニン細胞)の働きを活発にすること
チロシンやチロシナーゼやミネラルを上手く摂取していくこと

などです。

そこで、鼻毛が白髪にならない為の予防対策の生活習慣の改善として

ストレスを上手く解消していく
睡眠をしっかりととっていく
食生活を正していく
禁煙する

などして、メラニン色素を上手く分泌させていくようにしてください。

鼻毛が白髪にならないストレス対策

鼻毛が白髪にならないストレス対策っていうのは、肉体的ストレスや精神的ストレスを上手く解消してストレスを溜め込まないことです。

ストレス対策としてまずは、心がけてほしいことは

毎日お風呂に入って入浴する
睡眠をしっかりととっていく
毎日適度に運動を取り入れていく
楽しい時間を作っていく

などです。

ストレス対策におすすめの入浴

ストレス対策におすすめの入浴は、まずはシャワーではなくて、しっかりとお風呂に入って入浴してください。

入浴することによって、疲れを解消していくことができますし、汗をかくことができます。

これによって血液の流れを良くしていくことができます。

おすすめの入浴方法としては、全身浴でも半身浴でもいいので20分ほどしっかりと湯船に入って入浴するようにしてください。

ストレス対策におすすめの運動

ストレス対策におすすめの運動は、有酸素運動です。

散歩やウォーキングやランニングなど、自分が簡単にすぐにできる運動を取り入れていってください。

体を適度に動かすことによって、気分転換になってストレスを発散していくことができます。

そして、運動することによって、筋肉を動かすことができます。

これらのことによって血液の流れを良くしていってくれます。

ストレス対策におすすめの楽しい時間を作っていく

ストレス対策におすすめの楽しい時間を作っていくっていうのは、とにかくリフレッシュして気分転換できる時間を作っていくことです。

カラオケにいって大声を出したり
趣味の時間を増やしたり
家族や友達と話しをしたり

など、どんなことでもいいので楽しい時間を作ることによってストレスを上手く解消していってください。

鼻毛が白髪にならない睡眠対策

鼻毛が白髪にならない睡眠対策っていうのは、まずは毎日しっかりと最低でも6時間以上は睡眠時間をとって寝ていくようにしてください。

そして、更におすすめの睡眠対策としては

成長ホルモンが一番多く分泌される夜中の1~2時の間に、熟睡して寝ているようにしてください。

鼻毛が白髪にならない食生活を正していく対策

鼻毛が白髪にならない食生活を正していく対策っていうのは、まずは偏った食べ物ばかりを食べずに、バランスよく一日三食しっかりと食べていくことです。

そして、その中で

メラノサイト(メラニン細胞)を活発にする食べ物
チロシンを増やす食べ物
ミネラルを増やす食べ物
血液の流れを良くする食べ物

などを出来るだけ心がけて食べていくようにしてください。

メラノサイト(メラニン細胞)を活発にする食べ物

メラノサイト(メラニン細胞)を活発にする食べ物としては

海藻類魚類牛乳などがおすすめの食べ物です。

チロシンを増やす食べ物

チロシンを増やす食べ物としては

豆類果物チーズなどがおすすめの食べ物です。

ミネラルを増やす食べ物

チロシナーゼを増やす食べ物としては

豆類野菜玄米などがおすすめの食べ物です。

血行を良くする食べ物

血行を良くする食べ物としては

海藻類大豆類魚類などがおすすめの食べ物です。

鼻毛が白髪にならない禁煙対策

鼻毛が白髪にならない禁煙対策っていうのは、タバコを吸っている人は禁煙していくのが一番です。

そして、タバコを吸っていない人の場合は、タバコを吸っている人の近くにいかないっていうのも重要になってくるので注意してください。

まとめ

鼻毛に白髪が多い原因はメラニン不足!予防対策は生活改善!について書いていきました。

鼻毛が白髪になってしまう原因は

血行が悪くなって
メラノサイト(メラニン細胞)の活動の低下
チロシンやチロシナーゼやミネラルの不足

などによって、メラニン色素が不足してしまってです。

なので、鼻毛が白髪にならないようにしていく予防対策として、毎日の生活習慣の乱れを改善していきメラニン色素を上手く分泌させていくことが重要になってきます。

その為の予防対策方法としてまずは

ストレスを上手く解消していく
睡眠をしっかりととっていく
食生活を正していく
禁煙する

などのことに注意して生活習慣の見直しや改善を心がけていくようにしてください。

鼻毛がすぐに伸びてしまう人の特徴や原因、そして鼻毛が伸びてしまうスピードを遅くしていく予防対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

鼻毛がすぐ伸びる原因と予防対策方法!

スポンサーリンク