電子レンジでお湯を沸かす方法は、どうすればいい?

お湯を沸かす時は、やかんや電気ポットなどを使って沸かしますよね

しかし、コップ1杯分など少量のお湯を沸かす時は電子レンジを使って沸かした方が早くお湯を沸かすことができるので便利ですよね。

そこで、電子レンジでお湯を沸かす方法や

電子レンジでお湯を沸かす時に注意してほしい火傷などについて書いていきます。

スポンサーリンク

電子レンジでお湯を沸かす方法は?

電子レンジでお湯を沸かす方法は、どうすればいいのか

温かいコーヒーやお茶などをすぐに飲みたい時に、少し面倒なのがお湯を沸かすことですよね。

そんな、コップ1杯分など少量のお湯をすぐに沸かす時に便利なのが電子レンジを使ってお湯を沸かすことです。

しかし、電子レンジでお湯を沸かす時は、正しい方法でやらないと危険なので注意しなくてはいけません

そこで、電子レンジでお湯を沸かす方法は、耐熱カップに水を入れてお湯を沸かしてください。

面倒なのでついつい、普通のコップやプラスチックのコップなどに水を入れてそのまま電子レンジで温めてしまうことがありますが

電子レンジに、銅やガラスのコップなどを入れて加熱してしまうと割れてしまいますし

プラスチックのコップなどを入れて加熱してしまうと焦げたりしてしまいます。

なので、電子レンジでお湯を沸かす時は、必ず耐熱カップに水を入れて加熱してお湯を沸かしてください。

温める時間の目安

電子レンジでお湯を沸かす時は、必ず耐熱カップを使うっていうのは、わかってもらえたと思います。

そして、一番気になるのが電子レンジに入れて温める時間ですよね。

そこで、電子レンジでお湯を沸かす時の温める時間の目安は

160cc~200ccほどの水量で500wで約2分ほどです。

電子レンジでお湯を沸かす時は、先ほども書いたようにコップ1杯分ほどの少量のお湯ですよね。

なので、だいたい160cc~200ccほどの水量になります。

それを、電子レンジの500wで約2分ほど加熱して温めてください。

これが、電子レンジでお湯を沸かす方法です。

スポンサーリンク

電子レンジでお湯を沸かす時に注意する火傷

電子レンジでお湯を沸かす方法については、わかってもらえたと思います。

そして、電子レンジでお湯を沸かす時に注意してほしいことは、先ほども書いたようにコップが割れないように耐熱カップを使うことですが

実は、それ以外にも注意してほしい火傷があります。

そこで、電子レンジでお湯を沸かす時に注意する火傷っていうのは、突沸による火傷です。

突沸っていうのは、お湯が過加熱状態になって

電子レンジを開けた時の少しの振動やカップを持った時の少しの振動などによってお湯が飛び散ってしまう現象です。

お湯を沸かすと普通は、沸騰してくると泡が立ってきますよね

しかし、電子レンジで加熱した時は、沸騰してきても泡が立たないことがあります。

この沸騰しているのに泡が立たない時は、少しの振動でコップに入っているお湯が飛び出してしまいます。

その飛び散ったお湯によって火傷をしてしまうことが多いので注意してください。

突沸を防ぐ対策

電子レンジでお湯を沸かす時は、突沸による火傷に注意するっていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、突沸による火傷を防ぐ対策としては

少し時間をおいてから電子レンジから取り出すことです。

電子レンジで温めた後に、少し時間をおくことで沸騰したお湯を少し冷ますことができます。

お湯が少し冷めてしまえば、突沸は起こらないので、お湯が飛び散るのを防ぐことができます。

これが、電子レンジでお湯を沸かす時に注意する火傷と防ぐ対策です。

まとめ

電子レンジでお湯を沸かす方法は?注意する火傷!について書いていきました。

電子レンジでお湯を沸かす方法は

耐熱カップに水を入れて電子レンジで加熱すること

温める時間の目安は、160cc~200ccの水の量で500wで約2分ほどです。

そして、電子レンジでお湯を沸かす時は、突沸によってお湯で火傷をしてしまうことがあるので

電子レンジで加熱した後は、少し時間をおいてお湯が少し冷めるまで待ってから電子レンジを開けて取り出してください。

スポンサーリンク