チョコレートの賞味期限切れは食べることができるのか

気づいたらチョコレートの賞味期限が過ぎていることがあります。

そんなチョコレートの賞味期限切れは食べることができるのか

チョコレートは賞味期限が過ぎると腐るのか

そして、チョコレートのおすすめの保存方法などについて書いていきます。

チョコレートは賞味期限が他の食べ物と比べると意外と長いので、ついつい食べずに置いておくことがありますからね。

スポンサーリンク

チョコレートの賞味期限切れは食べれる?

チョコレートの賞味期限切れは食べることができるのか

チョコレートの賞味期限は、市販されているシンプルな板チョコなどチョコレートだけの場合は

数カ月や半年など比較的長いのでずっと保管しておくことが多いですよね。

そして、食べようとした時に賞味期限が過ぎて切れてしまっていることがあります。

そんな賞味期限切れのチョコレートは食べることができるのかっていうと

市販されているシンプルな板チョコなどは、賞味期限が1カ月ほど過ぎていても意外と食べることができます。

賞味期限っていうのは、美味しく食べることができる期間なので

消費期限と違って賞味期限が少し過ぎていても食べても特に問題はありません

ただし、賞味期限が数カ月以上過ぎてしまっていたり

板チョコではなくて、チョコレートに生クリームが入っていたり、ガナッシュ系などチョコレート以外の物が入っている場合は

チョコレート自体は大丈夫ですが、それ以外の生クリームや物などが傷んでしまっているので賞味期限切れの物は食べないでください。

生クリーム入りやガナッシュ系のチョコレートは、板チョコなどと比べると

賞味期限は1~2週間ほどだったりと、賞味期限自体がとても短いので注意してください。

なので、市販されているシンプルな板チョコの場合は、賞味期限が少し切れていても食べることができますが

チョコレート以外の物が含まれているチョコレートは、賞味期限切れは食べないようにしてください。

チョコレートの賞味期限切れは腐る?

チョコレートの賞味期限切れは食べることができるのかについては、わかってもらえたと思います。

そこで、チョコレートの賞味期限切れは腐るのかっていうとチョコレートも腐ります。

チョコレートの主原料は、カカオやカカオバターでそれに砂糖やクリームなどを混ぜて作られています。

なので、水分が少ないので腐りにくいのですが、腐りますし

チョコレートの賞味期限が過ぎてしまうと見た目には腐っていなくても味や風味が落ちてしまい品質が劣化してしまいます。

スポンサーリンク

表面が白くなる原因

チョコレートの表面が白くなっていることがありますよね。

チョコレートの表面が白くなっていると腐っていると思いますが、実はチョコレートの表面が白くなっていても腐っているわけではありません

そこで、チョコレートの表面が白くなる原因は何かっていうと

・シュガーブルーム現象
・ファットブルーム現象

です。

シュガーブルーム現象

チョコレートの表面が白くなる原因のシュガーブルーム現象っていうのは

温度変化によってチョコレートの表面に水滴がついてしまい、その水滴によって砂糖が溶けて結晶化した物です。

なので、チョコレートの表面が白くなっていても腐っているわけではないので食べることができますが

チョコレートの品質が劣化しているので、味や風味は落ちています。

ファットブルーム現象

チョコレートの表面が白くなる原因のファットブルーム現象っていうのは

これも温度変化によってチョコレートの主原料であるカカオバターの脂肪分が分離して浮き出てきた物です。

なので、腐っているわけではないのですが、チョコレートの品質が劣化しているので、味や風味は落ちています。

これらが、チョコレートの表面が白くなる現象で、どちらも高温などの温度変化が原因です。

チョコレートのおすすめの保存方法

チョコレートの賞味期限は腐るのかについては、わかってもらえたと思います。

チョコレートを腐らせずに美味しく食べるためにはしっかりと保存しておかなくてはいけません

そこで、チョコレートのおすすめの保存方法は

温度が15~20℃の場所で保存する
直射日光が当たらない場所で保存する
湿度が50~60%の場所で保存する

です。

なので、夏場以外は直射日光が当たらない風通しの良い比較的涼しい場所で常温で保存しておいてください。

そして、夏場など暑くて温度が高くなる季節は、冷蔵庫に入れて保存しておいてください。

冷蔵庫での保存方法

チョコレートの冷蔵庫での保存方法は、ジップロックなど密封できる容器などに入れてください。

チョコレートをただ箱のまま冷蔵庫に入れて保管しておくと、チョコレートのニオイが他の食材などについてしまうことがあります。

なので、チョコレートのニオイが冷蔵庫内に充満しないように、密封できるジップロックなどに入れて保存しておいてください。

そして、シンプルな板チョコなどは野菜室がある場合は、野菜室で保存するのがおすすめで

生クリームやチョコレート以外の物も含まれているチョコレートは、普通に冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

野菜室は冷蔵庫よりも少し設定温度が高いので、チョコレート自体が冷えすぎてしまうのを防いでくれますし

生クリームやチョコレート以外の物も含まれている場合は、しっかりと冷蔵保存することで腐りにくくなります。

これらが、チョコレートのおすすめの保存方法です。

まとめ

チョコレートの賞味期限切れは食べれる?腐る?おすすめの保存方法!について書いていきました。

チョコレートは市販されているシンプルな板チョコなどの場合は、賞味期限が少し過ぎて切れていても食べることができます。

ただし、品質が劣化していて味や風味は落ちています。

賞味期限が数カ月過ぎていたり、生クリームやチョコ以外の物が含まれている場合は賞味期限切れは食べないでください。

チョコレートは腐りにくいですが、チョコレートも腐ります。

ただし、賞味期限が過ぎていないのにチョコレートの表面が白くなっている時は

・シュガーブルーム現象
・ファットブルーム現象

が原因なので腐っているわけではありません

そして、チョコレートのおすすめの保存方法は

・温度が15~20℃の場所で保存する
・直射日光が当たらない場所で保存する
・湿度が50~60%の場所で保存する

です。

溶けてしまったチョコレートを美味しく食べる食べ方などについては、コチラの記事に書いてあります。

溶けてしまったチョコレートの美味しい食べ方!

スポンサーリンク