お守りの効果ある使い方は、どんな使い方がいいのか

そして、お守りの効果が弱まるやってはいけない注意してほしい使い方は、どんな使い方なのか

お守りは、ただ購入するばそれで効果があるっていうものではありません

そこでお守りの効果あるおすすめの使い方や

逆にお守りの効果を弱める無くしてしまうやってはいけない注意してほしいこと

などについて書いていきます。

スポンサーリンク

お守りの効果ある使い方

お守りの効果ある使い方とは、いったいどんな使い方なのか

お守りは、神社やお寺に行って神様や仏様に参拝して自分の願い事が叶うように買いますよね。

お守りの中には、依代(よりしろ)と言われるしっかりと祈祷された木の板や紙などが入っています。

その木の板や紙に神様や仏様の分身が入っていて、常に近くで見守ってくれているとても有り難いものです。

そんな有り難いお守りの効果ある使い方は

自分の身近に常に置いていく
お守りを見て気持ちを改める

です。

自分の身近に常に置いておく

自分の身近に常に置いておくっていうのは、カバンやバッグや財布などに入れて常に身に着けておくっていうことです。

先ほども書きましたがお守りの中には、神様や仏様の分身が入っています。

なので、自分の身近な場所に常に置いておくことで、神様や仏様が常に見守っていてくれるようになります。

家内安全など住んでいる家の安全を願って買ったお守りなどは、家の神棚などに置いておきます。

お守りの種類別の効果ある持ち方や家での保管場所などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

お守りの種類別の効果的な持ち方や保管する場所!

お守りを見て気持ちを改める

お守りを見て気持ちを改めるっていうのは、お守りを買った時の気持ちを思い出して気持ちをリフレッシュさせて改めるっていうことです。

お守りを買う時っていうのは、願い事が叶うように自分自身が頑張って努力していくと神社やお寺で参拝した後に買いますよね。

お守りを買った直後などは、その気持ちを持って毎日生活していますが

時間が経つにつれて、その時の気持ちを忘れてしまったり、嫌なことがあって落ち込んでしまったりなどしてしまうことが多いです。

そんな時に身に着けているお守りを見て、お守りを買った時の気持ちを思い出して、また努力していこうと気持ちを改めていきます。

気持ちを改めることによって、受験勉強を頑張ったり、交通事故を起こさないように気をつけたり

素敵な人と出会えるように行動を見直したりなどすることができて願い事がより叶いやすいようになります。

願い事が叶うっていうことは、お守りの効果があったていうことなので、これがお守りの効果ある使い方です。

お守りの効果を高める買い方やいつお守りを買うのが効果的なタイミングなのかなどについては、コチラの記事に書いてあります。

お守りの効果的な買い方と買うタイミング!

スポンサーリンク

お守りの効果が弱まるやってはいけないこと

お守りの効果ある使い方については、わかってもらえたと思います。

そして、お守りの使い方には、やってはいけない効果が弱まってしまう注意してほしいお守りの扱い方もあります。

お守りの効果が弱まるやってはいけないことは

お守りを開いて中身を見る
目の届かない場所に放置する
汚れている場所に入れておく

などです。

お守りを開いて中身を見る

お守りを開いて中身を見るっていうのは、神様や仏様の神聖な場所を汚してしまうことになるので、お守りの効果が弱まってしまうと言われています。

先ほども書きましたが、お守りの中には、しっかりと祈祷された木の板や紙などが入っていて

それに神様や仏様の分身が宿っています。

神社やお寺でもそうですが、神様や仏様に直接触れたりせずに、遠くから願い事などをして参拝しますよね。

しかし、お守りを開いて中身を見るっていうことは、神様や仏様に直接触れてしまうことにもなってしまうので、お守りを開いて中身を見たりしないでください。

目の届かない場所に放置する

目の届かない場所に放置するっていうのは、お守りをタンスの中や箱の中など見えない目の届かない場所に置かないっていうことです。

目の届かない場所にお守りを放置してしまうっていうことは、神様や仏様を目の届かない場所に放置しているのと同じことです。

そうしてしまうと、神様や仏様も見守ってくれることができなくなってしまって、お守りの効果が弱まってしまいます。

汚れている場所に入れておく

汚れている場所に入れておくっていうのは、バッグや財布の中などにお守りを入れておく場合です。

バッグや財布の中など身近ないつも身に着けている物にお守りを入れておくのはいいことです。

しかし、そのバッグや財布の中などが、散らかっていたり汚れていたりしてしまうと、お守りを雑に扱っていることになってしまい

神様や仏様を汚れている場所に入れておくことと同じになってしまいお守りの効果が弱まってしまいます。

なので、これらのお守りの効果が弱まってしまう無くなってしまう扱い方はしないでください。

まとめ

お守りの効果ある使い方!効果が弱まるやってはいけないこと!について書いていきました。

お守りは、お願い事を叶える為に自分自身が努力して頑張っているのを神様や仏様がしっかりと見守ってくれている物です。

なので、お守りの効果ある使い方は、身近な場所にお守りを身に着けておくようにして、お守りをいつでもすぐに見れるようにして使ってください。

そして、お守りを開いて中身を見てしまったり、目の届かない場所に放置してしまったり

汚れている場所などにお守りを入れておいてしまうとお守りの効果が弱まってしまうので注意してください。

お守りの正しい処分方法ややり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

お守りの正しい処分の仕方はコレ!

お守りを人からもらった時の効果や処分の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

もらったお守りの効果や処分のやり方!

お守りを人に贈る時に注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

お守りを人に贈る時の注意点!

お守りが汚れてしまったり、間違って洗濯してしまったり、紛失してしまった時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

お守りが汚れたり洗濯したり紛失した時の対処の仕方!

スポンサーリンク