水風呂は疲労回復にも大きな効果があります。

疲れていたり、運動して筋肉痛の症状が出ている時などは、銭湯や温泉などに行ってお風呂に入ってゆっくりと体を休めますよね。

その時に一緒に水風呂にも入ることによって、疲れを解消したり、筋肉痛の症状を和らげたりなど、より疲労回復を早めてくれる効果があります。

そこで、水風呂が疲労回復に効果がある秘密や

疲れをうまく解消する為の水風呂のおすすめの入り方

筋肉痛の症状を和らげてくれる水風呂のおすすめの入り方

などについて書いていきます。

スポンサーリンク

水風呂が疲労回復に効果ある秘密

水風呂が疲労回復に効果がある秘密は何か

銭湯や温泉などにいった時は、熱いお風呂に入った後に水風呂に入ることが多いですよね。

水風呂に入ることによって、今まで温かかった体が冷たい水に浸かることによって、一気に冷えていきます。

このお風呂から水風呂に入ることによって起こる体温の急激な変化などによって

体がリラックスできて疲れを解消する
筋肉痛の炎症を抑えて症状を和らげる

などのことが起こり、それが疲労回復に効果があります。

水風呂で体がリラックスできて疲れを解消する

水風呂に入ることによって、どうして体がリラックスできて疲れを解消する効果あるのか

その大きな理由は

・体の興奮状態を抑えてくれる
・深部体温を早く下げることができる

ことによって、水風呂に入った後に眠りやすい状態をうまく作っていくことができて睡眠の質が良くなるからです。

睡眠の質が良くなることにより熟睡しやすくなります。

熟睡することによって、寝ている時に分泌される成長ホルモンの量が多くなります。

成長ホルモンが多く分泌されることによって、疲れている体をしっかりと修復していってくれるので疲労回復が早くできます。

体の興奮状態を抑えてくれる

熱いお風呂に入っている時っていうのは、体温も高くなり血液の流れも早くなるので体は興奮状態になっています。

しかし、水風呂に入って体を冷やすことによって体温も低くなり血液の流れも緩やかになります。

それによって、自然と体の興奮状態を抑えていくことができて、リラックスした落ち着いた状態になります。

深部体温を早く下げることができる

深部体温を早く下げることができるっていうのは、体の体温を早く下げることです。

眠りについていく時っていうのは、深部体温を低くして

・血液の流れを緩やかにしたり
・体の機能の活動を抑えていったり

などしなくてはいけません

お風呂上りは、自然と眠たくなりますよね

それは、お風呂に入って高くなった体温が徐々に下がって低くなってくるからです。

それが、水風呂に入ることによって、この深部体温を早く下げていくことができます。

この体も心もリラックス状態になり、深部体温が低くなることによって、眠りやすい状態をうまく作っていくことができて熟睡しやすい状態にできます。

水風呂で筋肉痛の炎症を抑えて症状を和らげる

水風呂に入ることによって、どうして筋肉痛の炎症を抑えて症状を和らげていく効果があるのかっていうと

・炎症している筋肉の熱を抑えていくことができる
・血液の循環が良くなり痛みが和らぐ

からです。

炎症している筋肉の熱を抑えていくことができる

炎症している筋肉の熱を抑えていくことができるっていうのは、水風呂に入ることによって体全体を冷やしていくことができるからです。

炎症している筋肉の熱を抑えることによって、筋肉痛の症状は早く和らいでいきます。

スポンサーリンク

血液の循環が良くなり痛みが和らぐ

血液の循環が良くなり痛みが和らぐっていうのは、筋肉痛の痛みの原因である乳酸をうまく排除していくことができるからです。

お風呂に入って水風呂に入ることによって、血管の拡張や収縮が起こります。

この血管の拡張や収縮がポンプとなって、血液の循環が良くなります。

血液の循環が良くなると、それだけ痛みの原因になっている乳酸をうまく排除してしていくことができます。

水風呂に入ることによって、これらのことを効果的に行っていくことができるので、疲労回復を早く解消していくことができます。

水風呂の疲労回復に効果あるおすすめの入り方

水風呂に入ることによって、疲労回復に効果がある秘密については、わかってもらえたと思います。

そこで、水風呂の疲労回復に効果あるおすすめの入り方は

疲れ解消におすすめの入り方
筋肉痛の症状を和らげるのにおすすめの入り方

で少し違ってきます。

疲れ解消におすすめの水風呂の入り方

疲れ解消におすすめの水風呂の入り方は

温かいお風呂に入る

水風呂に入る

です。

まずは、普通に温かいお風呂にゆっくりと入って、体のコリや筋肉の疲れなどをほぐしながら、体を温めて血管を拡張させていきます。

その後に、水風呂に入ります。

体を温めてから水風呂に入ることによって、体の体温を下げて、血管が拡張しているのを戻していき血液の流れをゆっくりとさせていきます。

この効果によって、先ほど書いたうまくリラックスした状態を作っていきます。

それによって、眠りやすい状態をうまく作り出していくことができます。

水風呂は疲労回復だけじゃなくてそれ以外にも色々な効果があります。

水風呂に入ることで得られる効果や正しい入り方のコツや注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。入る時に注意してほしいことや、正しい入り方、そして疲労回復以外にもある水風呂の効果などについては、コチラの記事に書いてあります。

水風呂の驚きの効果と入り方のコツと注意点!

筋肉痛の症状を和らげるおすすめの水風呂の入り方

筋肉痛の症状を和らげるおすすめの水風呂の入り方は、疲れを解消する入り方とは逆で

水風呂に入る

温かいお風呂に入る

水風呂に入る

です。

まずは、最初に水風呂にゆっくりと入って、筋肉痛によって起こっている筋肉の炎症を抑えていきます。

炎症して熱を持っている筋肉を水で冷やしていきます。

それから、温かいお風呂に入っていくのですが、この時に心臓に遠い場所から、かけ湯などをして体を徐々に温めていきながらお風呂に入るようにしてください。

最初に水風呂に入っているので体が冷えてしまっているので、注意してください。

そして、お風呂に入っている時間は、あまり長い時間入らないようにして5~10分程度にしてください。

筋肉痛の痛みの原因になっている乳酸を血液の循環を良くして、うまく排出していくのが目的なので

長い時間温かいお風呂に入ってしまうと、また炎症している部分に熱が集まってきてしまい炎症が酷くなっていってしまいます。

水風呂と温かいお風呂を交互に入ることによって、血管がより伸縮されて血液の流れが良くなって、乳酸をうまく排出していくことができます。

家で水風呂に入る時に注意してほしいことや、家でおすすめの冷水シャワーを使った交互浴のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

家で水風呂に入る時の注意点と冷水シャワーのやり方!

まとめ

水風呂が疲労回復に効果ある秘密!おすすめの入り方はコレ!について書いていきました。

水風呂が疲労回復に効果ある秘密は

睡眠の質を良くして疲れを解消してくれる
筋肉痛の症状を和らげてくれる

この2つの効果があるからです。

温かいお風呂に入った後に、水風呂に入ることによって、リラックス状態をうまく作り出していくことができます。

それによって、睡眠の質が良くなり、疲れをしっかりと解消していくことができます。

水風呂に入ってから、温かいお風呂に入ることによって、筋肉痛による筋肉の炎症を抑えていくことができますし

血液の循環を良くして、痛みの原因となっている乳酸をうまく排除していくことできます。

疲れを解消する水風呂の入り方は、温かいお風呂に入った後に水風呂に入る

筋肉痛の症状を和らげる水風呂の入り方は、最初に水風呂に入った後に温かいお風呂に軽く入るです。

疲労回復や血行促進に良い炭酸風呂の効果や家でも簡単に炭酸風呂を作っていくことができる作り方などについては、コチラの記事に書いてあります。

炭酸風呂の4つの効果と自宅での作り方!

寝つきを良くする眠りやすい状態をうまく作っていく入浴方法については、コチラの記事に書いてあります。

寝つきを良くする為の入浴の仕方!

シャワーの水圧を強くするやり方やコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

シャワーの水圧を強くする対策方法!

シャワーだけで体の疲れをしっかりと取っていく効果的な浴び方などについては、コチラの記事に書いてあります。

シャワーだけで体の疲れを取る効果的な浴び方!

スポンサーリンク